(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 メールは、即時性の高いSNSやチャットとすみ分けつつ、現在もインターネット上のコミュニケーション手段として広く利用されている。

 iPhone標準の「メール」アプリは、複数のメールサーバーやメールサービスを利用できるマルチアカウントメーラーだ。設定次第ではメールアプリで様々な種類のメールを送受信し、一元管理できるのでとても便利だ。

 今回はメールアプリでマルチアカウントを使いこなすのに便利な機能を紹介しよう。

隠れたメールボックスを使う

 標準のメールアプリに、メールアカウントを新規に追加するには次の手順を踏む。「設定」→「メール」→「アカウント」→「アカウントを追加」とタップする。表示された画面で、メールサーバーやメールサービスを選択して先に進もう。ここでは、すでに複数のメールアカウントが追加されているものとする。

iPhoneの「メール」アプリは「設定」→「メール」→「アカウント」→「アカウントを追加」とタップして表示された画面で、様々な種類のメールアカウントを追加して利用できる
iPhoneの「メール」アプリは「設定」→「メール」→「アカウント」→「アカウントを追加」とタップして表示された画面で、様々な種類のメールアカウントを追加して利用できる
[画像のクリックで拡大表示]

 メールアプリに複数のメールアカウントが設定されていると、「メールボックス」画面にメールアカウントごとのメールボックスが作成されるとともに、「全受信」メールボックスが表示される。「全受信」ではすべてのアカウントのメールが区別なく時系列で並ぶため、メールを1カ所で確認できて便利だ。

 もし「全受信」が表示されていない場合は、メールボックス画面の右上にある「編集」をタップして、編集画面から「全受信」をオンにしよう。

「メールボックス」画面の右上にある「編集」をタップしよう。続く画面で隠されているメールボックスをオンにできる(赤い枠は筆者が付けた)
「メールボックス」画面の右上にある「編集」をタップしよう。続く画面で隠されているメールボックスをオンにできる(赤い枠は筆者が付けた)
[画像のクリックで拡大表示]

 「全受信」の他に、ユーザーの環境によっては隠されているメールボックスがある。例えば「すべての送信済み」メールボックス。これがないと、自分が送信したメールを確認するにはメールアカウントごとに用意された「送信済み」ボックスを表示しなければならない。「すべての送信済み」を追加しておくと、その手間を省くことができる。

「すべての送信済み」メールボックスを追加しておくと、送信済みメールが1カ所に集まるので素早く確認できる(赤い枠は筆者が付けた)
「すべての送信済み」メールボックスを追加しておくと、送信済みメールが1カ所に集まるので素早く確認できる(赤い枠は筆者が付けた)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。