(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 米Apple(アップル)製端末には無料音声/ビデオ通話アプリ「FaceTime」が標準で用意されている。別途アプリをインストールすることなく、アップルユーザー固有の「Apple ID」を用いて接続するため、アップル製端末ユーザーが利用する場合は抜群に手軽だ。

 FaceTimeは登場から長らくアップル製端末でしか利用できなかったが、iOS 15およびiPadOS 15がリリースされたタイミングでAndroid端末とWindowsパソコンにも対応し、プラットフォームの垣根を越えて通話が可能になった。今回はその方法を紹介しよう。

FaceTimeリンクでiPhoneから通話に誘う

 FaceTimeがWindowsやAndroidに対応したといっても、それぞれのプラットフォームにFaceTimeアプリが提供されたわけではない。どちらもWebブラウザーベースでの利用となり、最新バージョンの「Google Chrome」または「Microsoft Edge」が必要だ。またWindowsユーザーやAndroidユーザーはあらかじめApple IDを取得しておく必要がある。

 Windows、Androidではアップル製端末のFaceTimeアプリで作成された「FaceTimeリンク」を受け取り通話に参加する。FaceTimeリンクを生成するのはアップル製端末でしかできないが、通話中にFaceTimeリンクを共有してほかのメンバーを招待することはWindows、Androidでも可能だ。

 WindowsやAndroid端末ユーザーをFaceTime通話に誘う場合は、FaceTimeアプリの発信画面にある「リンクを作成」をタップしよう。続いて表示される画面で相手に応じたアプリを選択してリンクを送ろう。標準の「メール」アプリのほか、「LINE」や「Facebookメッセンジャー」などを使って送信してもよい。

iPhoneのFaceTimeアプリの発信画面で「リンクを作成」をタップ
iPhoneのFaceTimeアプリの発信画面で「リンクを作成」をタップ
[画像のクリックで拡大表示]
続いて表示される画面でアプリを選択してリンクを送信する。相手が受け取れる通信手段であればどれを使ってもよい。ここでは「メール」を選択した。「名前を追加」でリンクに名前をつけておくと、同じメンバーで次回以降に通話する際に便利
続いて表示される画面でアプリを選択してリンクを送信する。相手が受け取れる通信手段であればどれを使ってもよい。ここでは「メール」を選択した。「名前を追加」でリンクに名前をつけておくと、同じメンバーで次回以降に通話する際に便利
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。