(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 米Apple(アップル)の定額音楽配信サービス「Apple Music」では、2021年12月14日から月額480円で利用可能な「Voiceプラン」が提供されている。通常の「個人プラン」は月額980円なので、半額以下の設定だ。両者を比べつつ、iPhoneでどこまで使えるか、どんな使い方が向いているかなどをチェックした。

Siriを通してApple Musicを操作

 Voiceプランは他のプランと同じ9000万曲が利用できるとアナウンスされており、対象となる曲は限定されない。大きな違いは、オンラインアシスタント「Siri」に話しかけて操作する形で提供されている点だろう。

 Voiceプランを始めるには、iPhoneに向かって「Hey Siri、Apple Music Voiceのお試しを開始して」と伝えるのが手っ取り早い。Apple Musicを初めて使うユーザーやしばらく使っていなかったユーザーは7日間無料で使えるようになる。加えてクレジットカードなどの支払い情報を入力してサブスクリプションを登録すると、無料期間が3カ月に延長される。

 ただし個人プランに登録すると6カ月無料といったキャンペーンが実施されている場合もある。無料期間が長く、フル機能が使えるなど、お得なのであらかじめ確認しておこう。

 Voiceプランを開始し、iPhoneの「ミュージック」アプリで「今すぐ聴く」を開くと「Siriに話しかけてみてください」と表示され、その下にいくつかのプレイリストがパネル状に並ぶ。パネルの中にはSiriに話しかける際のコマンドが表示されているので、そのように話しかけよう。

 ほかには「Hey Siri、最近はやっている曲をかけて」や「Hey Siri、80年代のディスコミュージックをかけて」といった漠然とした指示方法もある。サブスクリプションに登録すれば(無料期間でも)、「Hey Siri、こんな感じの曲をもっとかけて」が使えるようになる。

 「Hey Siri、(アーティスト名)をかけて」や「Hey Siri、(アーティスト名)の(曲名/アルバム名)をかけて」と指示もできるが、洋楽アーティストの場合は認識されにくい場合がある。これは後述の「Siriにタイプ入力」機能を使うとある程度回避可能だ。

 筆者がこのレビュー用に新規アカウントで2週間ほど使ってみたところ、ミュージックアプリ上で提案されるプレイリストがパーソナライズされてきた。それらを選んで再生すると、Siriの操作だけでもかなり良い感じになってくるはずだ。

iPhoneで「ミュージック」アプリを開き「今すぐ聴く」を開くと「Siriに話しかけてみてください」といったVoiceプラン独自のセクションが表示される(赤い枠は筆者が付けた)
iPhoneで「ミュージック」アプリを開き「今すぐ聴く」を開くと「Siriに話しかけてみてください」といったVoiceプラン独自のセクションが表示される(赤い枠は筆者が付けた)
[画像のクリックで拡大表示]
Voiceプランのお試し期間は7日だが、その間にサブスクリプション登録すると無料期間が3カ月に延長される
Voiceプランのお試し期間は7日だが、その間にサブスクリプション登録すると無料期間が3カ月に延長される
[画像のクリックで拡大表示]
Apple Musicに存在するものの、Siriでは正しく認識されずに再生できない洋楽アーティストの例(赤い枠は筆者が付けた)
Apple Musicに存在するものの、Siriでは正しく認識されずに再生できない洋楽アーティストの例(赤い枠は筆者が付けた)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。