(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 米Apple(アップル)の完全ワイヤレスイヤホン「AirPods」シリーズは、「iOS 14」および「iPadOS 14」をインストールした端末と組み合わせると新機能が有効になる。

 「AirPods Pro」「AirPods Max」で広がりのある立体音響を再生する「空間オーディオ」機能が注目されるが、これ以外にもユーザーの耳の特性に合わせて音質を調整する「ヘッドフォン調整」機能も追加されている。こちらは「AirPods(第2世代)」やかつてiPhoneに付属していた有線イヤホン「EarPods」などでも有効だ。

 今回はiOS 14に追加された「ヘッドフォン調整」などの新機能を紹介しよう。

「ヘッドフォン調整」でユーザーに最適な音質にする

 初めに紹介する「ヘッドフォン調整」機能は「AirPods Max」「Apple EarPods(EarPods with 3.5 mm Headphone Plug、またはEarPods with Lightning Connector)」「AirPods(第2世代)」「AirPods Pro」「Powerbeats」「Powerbeats Pro」「Beats Solo Pro」で利用可能だ。「AirPods(第1世代)」は対象外である点に注意。

 ヘッドフォン調整は、一人ひとりの聞こえ方に合わせてイヤホンから出力される特定の周波数を調整する機能。有効にするには「設定」→「アクセシビリティ」→「オーディオ/ビジュアル」→「ヘッドフォン調整」とタップして表示された画面で「ヘッドフォン調整」をオンにする。

 オフからオンにするだけで音質は変化する。実際にどう変化するのかを確認したいなら、普段聴いている曲を再生しながらオンにするのがお勧めだ。オンにした瞬間に音がクリアになったように感じるだろう。

 「ヘッドフォン調整」をオンにしたときの設定画面の中ほどに「オーディオを以下に調整:」という項目があり、「バランスの取れたトーン」「音声の音域」「明るさ」のプリセットがある。これを切り替えることでも音質が変化する。さらにそれぞれの効果を「弱め」から「強め」まで、スライダーで調整可能だ。

 ちなみに「ヘッドフォン調整」に対応しないイヤホンでもオンにできるが、設定を変更しても音質に変化は表れない。

「設定」→「アクセシビリティ」→「オーディオ/ビジュアル」→「ヘッドフォン調整」とタップして表示された画面で「ヘッドフォン調整」をオンにする。対応イヤホンで音の聞こえ方を調整できる(赤い枠は筆者が付けた)
[画像のクリックで拡大表示]

 さらに自分の耳に合わせて調整するには、上記の画面の「カスタムオーディオ設定」をタップする。起動した「ヘッドフォンオーディオのカスタマイズ」アシスタントの指示に従って進めていこう。

 サンプル曲が異なる特性で再生されるので、音質が良いと思ったほうを選択していくと自分に合ったオーディオ設定が作成される仕組みだ。

「ヘッドフォン調整」画面で「カスタムオーディオ設定」をタップすると起動するアシスタント。画面に従って設定していくと、自分の耳に合ったオーディオ設定になる
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。