(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 普段持ち歩いているiPhoneで日常の光景や気になる被写体を撮ることは多いだろう。その際に「Live Photos」という機能を知らぬ間に使っていることに気づいているだろうか。

 Live Photosはデフォルトでオンになっているため、何もしなければ写真を撮るときには必ず使っていることになる。詳しいユーザーの中には、iPhoneの「ストレージ食い」として設定をオフにしている人もいる。

 このLive Photosだが、実はメリットが意外に多い。今回はiPhone標準の「カメラ」アプリや「写真」アプリでLive Photosを活用する3つのワザを紹介しよう。

「動く写真」を撮影するLive Photos

 Live Photosは「iPhone 6s」で初めて搭載され、意外に古くからある機能だ。シャッターを切るとスチル写真を撮るとともに、前後合わせて約3秒の動画を同時に記録する。「動く写真」を撮影する機能として紹介されることも多い。Live Photos機能を使って撮った写真は、「写真」アプリなどで表示してタップすると動き出し、音声も再生されるので、通常の写真では伝わらない周囲の雰囲気も感じ取れる。

 Live Photosはカメラアプリの撮影モードが「写真」のときに使える。写真モードで画面右上に表示される三重丸がLive Photosアイコンで、オン・オフの状態を示している。三重丸ならオン、三重丸に斜線が入っていたらオフだ。タップするたびにオンとオフが切り替わる。

「カメラ」を「写真」モードにし、画面右上に「Live Photos」の状態を示すアイコンが表示される。三重丸の場合はオン、斜線が入っている場合はオフだ。タップで切り替えられる(赤い枠は筆者が付けた)
[画像のクリックで拡大表示]

 一方で動画を記録する分、通常の写真よりもデータが大きいため、iPhoneのストレージを消費する。そのため普段からLive Photosをオフにしている人も多いのではないだろうか。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。