(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 知りたい情報を探す手段として、Webを使った検索は最も手軽だ。しかし検索で見つけた情報を後でじっくり読みたい、いつでも参照できるように手元に残しておきたいなどと思ったときはどうすればよいだろうか。

 筆者はそのために専用のアプリやツールをいくつか使ってきたが、サービスが終了してしまったり、OSの仕様変更で機能を実現できなくなってしまったりすることがあった。

 ツールが使えなくなるたびに別の手段に移行するのは骨が折れるので、今はiPhone標準の「メモ」アプリを工夫して、Webページの情報を管理している。今回はその方法を紹介しよう。

Safariの共有機能でメモアプリにリンクを貼り付ける

 最も簡単なのが標準のWebブラウザーである「Safari」を使う方法だ。Safariで開いたWebページから共有機能を使ってリンクを貼り付ける。もちろんリンクなので、Webページの内容が更新されたり、Webページそのものが削除されていたりしたら参照できなくなるが、理解した上で使えば問題ない。調べたい情報に関連するWebページを集中的に探して、後から内容をまとめて読むといったような用途などには便利だ。

 筆者は、調べたい内容を示すタイトルをつけたエントリーをメモアプリであらかじめ用意しておき、Safariからそのエントリーにリンクを貼り付けるようにしている。こうすることで情報がまとまり後から見つけやすいからだ。

iPhone標準のメモアプリで、これから調べようとする情報をまとめるエントリーを作成しておく
[画像のクリックで拡大表示]

 知りたい情報が載っているWebページを見つけたら、画面下部にある共有ボタン(四角形から矢印が上に出ているアイコン)をタップ。表示された「共有シート」で「メモ」をタップする。続いて表示される画面で「保存先」をタップして、メモアプリで事前に作成したエントリーを選択し、画面右上の「保存」をタップしよう。

 保存先を指定しない場合は「新規メモ」または直前に保存したエントリーになっているので、確認したほうがよいだろう。

Safariの画面下部にある共有ボタンをタップするとこの画面になる。「メモ」をタップしよう(赤い枠は筆者がつけた)
[画像のクリックで拡大表示]
「保存先」であらかじめメモアプリで作成しておいたエントリーを指定して「保存」をタップする(赤い枠は筆者がつけた)
[画像のクリックで拡大表示]

 メモアプリで事前にエントリーを作成していない場合は、とりあえず新規メモに保存しておき、忘れないうちにメモアプリを開いて名称を変更するのがお勧めだ。

Safariからメモアプリに貼り付けたリンクはこのように表示される。関連するリンクが1つのエントリーにまとまっていると後から探しやすくなる
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。