(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 iPhoneに「マスク着用時Face ID」機能が搭載され、「iPhone 12」以降のモデルでマスクをしたまま顔認証(Face ID)が利用できるようになった。ロック解除はもちろんだが、電子マネーも顔認証によって本来のスムーズな決済が可能だ。

 今回は、主にアップルの電子決済システム「Apple Pay」を用いた電子マネーをスーパーやコンビニのレジでスムーズに使うコツを紹介する。

よく使う電子マネーを素早く呼び出す方法

 iPhoneで利用できる電子マネーは、バーコードやQRコード(2次元バーコード)の表示や読み取りを介する方式と「FeliCa」などの非接触型ICカードリーダーにかざして決済する方式に大きく分けられる。前者には「PayPay」や「d払い」などがある。Apple Payは後者のほうで、「Suica」「PASMO」「WAON」などが利用できる。

 どちらのタイプでも電子マネーへの金額チャージや、決済時の認証に「マスク着用時Face ID」が生きてくる。

電子マネーへの残高チャージの際、および決済時の顔認証もマスク着用でもOK
電子マネーへの残高チャージの際、および決済時の顔認証もマスク着用でもOK
[画像のクリックで拡大表示]

 Apple Payで用いる電子マネーは「ウォレット」アプリに登録し、使用する際に呼び出す。よく使う電子マネーやクレジットカードを「メインカード」に設定しておくことで、サイドボタンの2度押しで素早く呼び出せて便利だ。

 メインカードに設定する方法は2つ。1つは「設定」→「ウォレットとApple Pay」とタップして表示された画面で「メインカード」をタップ。Apple Payに登録されている電子マネーやクレジットカードが表示されるので、メインカードに設定するカードを選択する。

Apple Payで利用する電子マネー、クレジットカード、ポイントカードなどは「ウォレット」アプリに登録し、呼び出して使用する
Apple Payで利用する電子マネー、クレジットカード、ポイントカードなどは「ウォレット」アプリに登録し、呼び出して使用する
[画像のクリックで拡大表示]
「ウォレットとApple Pay」の「メインカード」で、よく使う電子マネー、クレジットカードを選択する
「ウォレットとApple Pay」の「メインカード」で、よく使う電子マネー、クレジットカードを選択する
[画像のクリックで拡大表示]

 メインカードはウォレットアプリの画面の上部に重ねられたカードのもっとも手前に表示されている。この順序はドラッグで入れ替えることができるため、奥にあるカードを手前に移動するだけでもメインカードに設定可能だ。これが2つ目の方法。設定画面で選択するよりも簡単かもしれない。

ウォレットアプリ上でカードをドラッグして順序を一番手前に移動するだけでもメインカードに設定される
ウォレットアプリ上でカードをドラッグして順序を一番手前に移動するだけでもメインカードに設定される
[画像のクリックで拡大表示]

 サイドボタンの2度押しで、アプリ使用中、ロック中などでもメインカードが呼び出される。その際、iPhoneをのぞき込むようにして顔認証すると、そのままリーダーにタッチして決済まで滞りなく行える。ちなみに指紋認証「Touch ID」搭載モデルでも、この時点でホームボタンを指で触れて認証すればよい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。