(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響でテレワークを始めた人も多いのではないだろうか。今回はiPadをパソコンのサブディスプレーにして画面表示を拡大し、少しでも快適に作業する方法を紹介しよう。

WindowsでiPadをサブディスプレー化する方法

 自宅にパソコンがあっても、仕事に使うにはスペックが不足しているという場合もあるだろう。もしiPadを持っているならパソコンのサブディスプレーに使うことでデスクトップ環境の作業エリアを拡大して、快適に作業ができるようになるかもしれない。

 例えば、PDFの資料を参照しながら作業する場合、PDFの資料をサブディスプレーに表示して、作業用のアプリをメインのディスプレーの画面いっぱいに開くことができる。またPDFの資料を参照するたびにアプリを切り替える必要がなくなり、システムに負荷を与えずに済む。ディスプレーを拡張することでスペックが十分とは言えないパソコンでも仕事がしやすい環境を整えられるのだ。

 パソコンがMacの場合は、macOSの標準機能でiPadをサブディスプレーにできる。それは後述するとして、まずはWindowsパソコンでiPadをサブディスプレーにする方法から解説する。この場合はパソコンとiPadの両者に専用のアプリをインストールする必要がある。

 筆者が試したアプリの中では「Duet Display」が使いやすかった。iPad側にインストールするアプリは有料だが、パソコン側にインストールするアプリはMac用とWindows用が用意されておりそれぞれ無料だ

「Duet Display」のiPad/iPhone用アプリは「App Store」からインストール。パソコン用アプリは「Duet Display」のWebページからダウンロードしてインストールしよう
[画像のクリックで拡大表示]

 Duet DisplayでパソコンとiPadを接続するには、有線とWi-Fiのどちらかを選べる。ただし有線接続はLightningケーブルにしか対応していない。USB Type-C端子を採用しLightning端子のない「iPad Pro」は付属のケーブルで接続しても認識されないのでWi-Fiを使う必要があり、有線接続は「iPad Air」などのLightning端子を搭載したモデル専用となる。

 Wi-Fiで接続すればiPad Proを含めてどの機種でも利用できるが、Wi-Fi接続を有効にするにはアプリの購入料金以外にアプリ内課金で機能を解放しなければならないので注意が必要だ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。