(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 iPhoneユーザーが写真やビデオをやりとりする際に使われる「AirDrop」は、手軽で高速に送受信できる半面、米Apple(アップル)製端末同士の利用に限られる。また端末同士が直接通信できる近距離にある必要があるため、その場にいない人に送信できない。

 これらの2つの問題は「iCloudリンク」を使うと解消可能だ。今回はその方法を紹介しよう。

送りたい写真を選択してiCloudリンクを作成

 iPhoneの「写真」アプリで写真を選択し、共有ボタンをタップすると「共有シート」が表示される。AirDropで送信する際は共有シートに表示される相手の端末をタップするが、iCloudリンクを使うには画面を少し上にスライドして表示される「iCloudリンクをコピー」をタップしよう。

 これで取得されるリンクを相手が受け取れる手段で送信すればよい。「メッセージ」や「メール」といった標準アプリのほか、LINEやTwitterなどでもOKだ。

「写真」アプリで写真を選択して、画面左下の共有ボタンをタップする(赤い枠は筆者が付けた)
「写真」アプリで写真を選択して、画面左下の共有ボタンをタップする(赤い枠は筆者が付けた)
[画像のクリックで拡大表示]
表示された「共有シート」で「iCloudリンクをコピー」をタップしてiCloudリンクを取得する(赤い枠は筆者が付けた)
表示された「共有シート」で「iCloudリンクをコピー」をタップしてiCloudリンクを取得する(赤い枠は筆者が付けた)
[画像のクリックで拡大表示]
送る相手に応じた手段を使ってリンクを送信しよう。ここでは標準アプリの「メッセージ」を用いているが、メールやLINEなどでもよい
送る相手に応じた手段を使ってリンクを送信しよう。ここでは標準アプリの「メッセージ」を用いているが、メールやLINEなどでもよい
[画像のクリックで拡大表示]

 iCloudリンクは、「iCloud写真」機能でアップルのクラウドサービス「iCloud Drive」にアップロードされた写真からリンクを取得する仕組みだ。そのためリンクを取得する端末で「iCloud写真」を有効にしている必要がある。共有シートに「iCloudリンクをコピー」が表示されない場合は「設定」→「写真」とタップして表示された画面で「iCloud写真」が有効になっていることを確認しよう。

iCloudリンクを取得する端末では「iCloud写真」をオンにする必要がある。オフの場合は「iCloudリンクをコピー」という項目が現れない(赤い枠は筆者が付けた)
iCloudリンクを取得する端末では「iCloud写真」をオンにする必要がある。オフの場合は「iCloudリンクをコピー」という項目が現れない(赤い枠は筆者が付けた)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。