(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 iPhoneに搭載されている「バックグラウンドサウンド」はiOS 15で追加された機能で、ノイズや雨、波といったサウンドを再生する。イヤホンで再生して周囲の騒音を気にならなくしたり、無音だと落ち着かないといった状況を解消したりする際に便利だ。

 今回はバックグラウンドサウンド機能の使い方を紹介しよう。

6種類のサウンドから選んでバックグラウンド再生

 バックグラウンドサウンド機能は「設定」→「アクセシビリティ」→「オーディオ/ビジュアル」→「バックグラウンドサウンド」とタップして表示された画面で設定できる。この画面で「バックグラウンドサウンド」をオンにすると、その下にある「サウンド」で選択されたサウンドが再生される。

 初めて再生するサウンドの場合は、サウンドデータがiPhoneにダウンロードされるため、インターネット接続が必要だ。

 サウンドは6種類。状況や好みで使い分けるとよい。筆者は周囲がうるさい場所で集中する際は「雨」、ゆったりしたいときには「せせらぎ」を選択することが多い。

 ノイズキャンセリング機能があるイヤホンの場合、うるさい場所ではノイズキャンセリング機能をオンにして、程よく騒音をキャンセルした上でバックグラウンドサウンドを使うとより効果的だ。

 そのほか、「メディアの再生中に使用」をオンにして、音楽や動画の再生中にもバックグラウンドサウンドが流れ続けるよう設定できる。その際の音量バランスなども調整可能だ。バックグラウンドサウンドの環境音の中で、音楽をかすかな音量で再生して楽しむのも趣がある。

「設定」→「アクセシビリティ」→「オーディオ/ビジュアル」→「バックグラウンドサウンド」とタップして表示された画面で「バックグラウンドサウンド」をオンにしよう
「設定」→「アクセシビリティ」→「オーディオ/ビジュアル」→「バックグラウンドサウンド」とタップして表示された画面で「バックグラウンドサウンド」をオンにしよう
[画像のクリックで拡大表示]
サウンドの種類は6つ。初めて再生する場合はサウンドデータがダウンロードされる
サウンドの種類は6つ。初めて再生する場合はサウンドデータがダウンロードされる
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。