(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 iPhoneの「写真」アプリは、iPhoneで撮影した写真を確認したり、ほかの人に見せたりといった閲覧の用途で使われる場合が多い。しかし撮影した写真を見るだけのアプリではなく、写真の加工や補正などの編集機能も充実している。

 今回は写真アプリに搭載されている編集機能のうち、1回タップするだけで「よい感じ」の写真にしてくれる「自動」機能を中心に紹介しよう。

「魔法のつえ」で一発補正

 iPhoneはモデルチェンジするたびにカメラの性能が上がり、画像処理用のチップやソフトウエアもアップデートされてきた。基本的にシャッターを切るだけで雰囲気の良い写真が撮れるが、ユーザーがひと手間加えるだけで、さらに臨場感や自分の意図を表現した写真になる場合がある。

 iPhoneには様々な写真編集アプリが存在するが、標準の「写真」はさりげなく雰囲気の良い写真に加工するのが得意だ。

 まずは写真を選んで編集画面にする。次に画面下部のボリュームつまみのようなアイコン「調整」をタップ。すると写真の下に調整に使うパラメーターを示すいくつかの円が並ぶ。最も左に位置する「自動」と表示された「魔法のつえ」のアイコンをタップしてみよう。

写真アプリの「調整」メニューを表示すると、写真の下に補正のためパラメーターを示すアイコンが現れる(赤い枠は筆者が付けた)
写真アプリの「調整」メニューを表示すると、写真の下に補正のためパラメーターを示すアイコンが現れる(赤い枠は筆者が付けた)
[画像のクリックで拡大表示]
「自動」をタップすると、そのシーンに合わせて複数のパラメーターが一度に調整される。ここでは逆光で影になった部分がやや明るく、空の青が強めに調整された(赤い枠は筆者が付けた)
「自動」をタップすると、そのシーンに合わせて複数のパラメーターが一度に調整される。ここでは逆光で影になった部分がやや明るく、空の青が強めに調整された(赤い枠は筆者が付けた)
[画像のクリックで拡大表示]

 木陰から空を見上げて撮影した写真では、逆光になった葉や手前の標識がやや明るくなり、空の青さが若干強調された。「自動」を適用しただけで、緑の葉から透ける光と初夏の青空がより伝わる写真になったと思う。

 「自動」を適用したあと、その下にあるスライダーを左右にスライドすることで、「自動」の適用具合を調整することもできる。

スライダーを動かして「自動」の適用具合を少し多めにしたところ。破綻し過ぎないところで止めるのがお勧め(赤い枠は筆者が付けた)
スライダーを動かして「自動」の適用具合を少し多めにしたところ。破綻し過ぎないところで止めるのがお勧め(赤い枠は筆者が付けた)
[画像のクリックで拡大表示]

 「自動」によって各パラメーターがどのように調整されているかを確認するのも面白い。各パラメーターが写真にどのような影響を及ぼすかを実感できるので、手動で調整する際の参考にもなる。自動で大まかに調整されたパラメーターを、自分の意図に合わせて個別に調整するといった使い方も便利だ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。