(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 iPadとiPhoneのOSの最新版「iPad OS 14」「iOS 14」が2020年9月17日にリリースされた。iPadOS 14の多くの機能はiOS 14と同じように進化したが、iPadOSにしかない機能も多い。今回はその中から知っていると作業を効率化できる新機能などを紹介しよう。

日本語非対応の「スクリブル」を活用する方法

 iPadの魅力の1つに専用のスタイラスペン「Apple Pencil」を使った手書きがある。iPadOS 14には「スクリブル」(なぐり書き)と呼ばれる機能が新たに追加された。この機能では手書き入力しテキストに変換できる。

 標準の「メモ」アプリでApple Pencil使用時に、手書き用のパレットを表示すると「A」と表示されたペンが追加されていることに気づくはずだ。これを選択して画面の空いた場所に文字を手書きすると、次々とテキストに変換されていく。

 この他アプリ内の入力フィールドは常にスクリブルで入力できる。

「メモ」アプリに手書きで文字を入力するためのペンが追加され、画面の空いた場所に手書きした文字がテキストとして入力できるようになった(赤い枠は筆者がつけた)
「メモ」アプリに手書きで文字を入力するためのペンが追加され、画面の空いた場所に手書きした文字がテキストとして入力できるようになった(赤い枠は筆者がつけた)
[画像のクリックで拡大表示]

 現在のところ英語、繁体字中国語、簡体字中国語とそれらの混在にのみ対応しており、残念ながら日本語は利用できない。しかし数字入力がメインの表計算アプリならすぐに活用できる。

 アップル製の表計算アプリ「Numbers」はスクリブルに対応しており、セルに直接手書きで入力可能だ。これまでのように画面にスクリーンキーボードが表示されないので全体を見渡しやすい。

 スクリブルだけで大量のデータを入力するのは厳しいかもしれないが、少ないデータを入力したり既に入力されたデータを修正したりする際にはかなり威力を発揮する。間違えて入力した場合もその数字の上でジグザグの線を描くと削除できるので簡単だ。

アップル製の表計算アプリ「Numbers」はスクリブルに対応し、Apple Pencilの手書きで直接文字を入力できる(赤い枠は筆者がつけた)
アップル製の表計算アプリ「Numbers」はスクリブルに対応し、Apple Pencilの手書きで直接文字を入力できる(赤い枠は筆者がつけた)
[画像のクリックで拡大表示]
入力ミスしたところは上にジグザグの線を引くと削除される。Apple Pencilだけで完結するところが魅力だ(赤い枠は筆者がつけた)
入力ミスしたところは上にジグザグの線を引くと削除される。Apple Pencilだけで完結するところが魅力だ(赤い枠は筆者がつけた)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。