スタート以来、日経クロステックの名物コラムとなった「テクノ大喜利、ITの陣」。今回はその第18回だ。毎回、複数の識者に共通のお題(質問)を投げかけ、識者にはそれに答える形で論陣を張ってもらう。今回は特別企画として枠を2倍に拡大して常連の識者8人に、新型コロナウイルス禍で露呈した日本のIT活用の後進性をばっさり斬ってもらう。

 お題は「アフターコロナ、『IT後進国』の日本は生まれ変われるか」だ。お題に答える識者の3番手に、ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズのバイスプレジデントの白川克氏が登場する。新型コロナウイルス禍により日本のIT活用能力のダメさ加減を全国民が知ることになったとした上で、デジタル前提の若い世代に期待する。白川氏の娘さんの一言は示唆に富む。(編集部)

白川 克(しらかわ まさる)
ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ バイスプレジデント
白川 克(しらかわ まさる) 中堅ITベンダーでシステム開発を経験後、2000年ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズに入社。以来、IT投資計画策定、人事、会計、販売管理、顧客管理、ワークスタイル改革、全社戦略立案などのプロジェクトに参加。プロジェクトをやりながらリーダーを育成することと、ファシリテーションが武器。著書には『業務改革の教科書』(日本経済新聞出版社)、『リーダーが育つ変革プロジェクトの教科書』(日経BP)などがある。
【質問1】新型コロナ禍で明らかになったIT活用の後進性、どう見る?
【回答】日本のIT活用能力がいかにダメか、国民が実感したのは良いことだ
【質問2】テレワークの導入や規制緩和の動きなどは評価できるか
【回答】末端の兵隊は優秀で司令官は無能、75年たっても何も変わっていない
【質問3】アフターコロナの時代に向けてなすべきことは?
【回答】「それ、リモートでよくないですか」、全てをゼロベースで考え直せ

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。