スタート以来、日経クロステックの名物コラムとなった「テクノ大喜利、ITの陣」。今回はその第20回だ。毎回、複数の識者に共通のお題(質問)を投げかけ、識者にはそれに答える形で論陣を張ってもらう。お題は日本企業のIT利活用の問題点やIT業界の構造問題、そして世間の耳目を集めたIT絡みの事件などだ。

 第20回のお題は「日本の産業政策にもの申す、ダメIT業界をどうするか」。お題に答える識者のラストバッターは、日本の地方自治体のCIO(最高情報責任者)補佐官などを歴任した韓国人コンサルタントの廉宗淳氏だ。「そもそも日本にIT産業育成政策があったのか」と問題提起した上で、日本がソフトウエアづくり大国になれるよう韓国の事例を参考にしてほしいと訴える。(編集部)

廉 宗淳(ヨム ジョンスン)
e-Corporation.JP 代表取締役社長
廉 宗淳(ヨム ジョンスン) 韓国ソウル市公務員を経て、1993年に来日。2000年にe-Corporation.JPを設立し代表取締役社長に就任。2005~2010年、聖路加国際病院ITアドバイザー。2007~2017年、青森市情報政策調整監(CIO補佐官)。2008~2015年、佐賀県統括本部情報課情報企画監。2013~2014年、大阪府・大阪市特別参与(IT担当)。2015~2017年、パシフィックコンサルタンツITアドバイザー。2014~2016年、佐賀県多久市ITアドバイザー。学術博士。
【質問1】なぜ日本はIT産業の育成に失敗したのか
【回答】そもそも政府にIT産業育成政策と言えるものが何かあっただろうか
【質問2】多重下請け構造のIT業界を近代化するには?
【回答】「子供が魚を求めるなら、魚を与えるのではなく釣りを教えろ」
【質問3】ITベンチャーの起業を促し育成するには何が必要?
【回答】韓国政府による手厚いIT企業育成策を紹介する

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。