アンケートなどの集計結果で、特定のデータが突出して大きい場合がある。下図はその一例だ。縦軸の途中を省略して、突出したグラフを短くしたい。ただしこのような機能はExcelにはない。そのためちょっとした工夫が必要になる。

A5の値だけ突出しているため、他の棒グラフの違いが分かりにくい。縦軸の途中を省略して、突出したグラフを短くする
[画像のクリックで拡大表示]

同じグラフを作成する

 作業の基本は同じグラフを作成して重ねるのがポイントになる。まず縦軸の値をダブルクリックし「軸の書式設定」作業ウィンドウを開き、「軸のオプション」→「軸のオプション」→「境界値」にある「最大値」を「20」に、「単位」の「主」を「10」に設定する。結果、棒が伸びて途中で切れる。

縦軸の値をダブルクリックし、作業ウィンドウで「最大値」を「20」に、「単位」の「主」を「10」に設定する
[画像のクリックで拡大表示]
突出した棒(A5)が最大値の「20」で途切れた
[画像のクリックで拡大表示]

 次にグラフのプロットエリア(棒グラフが配置されているエリア)をクリックして、上辺にあるハンドルを下にドラッグして、プロットエリアの高さを半分くらいまで縮める。

 続いて高さを調整したこのグラフをコピーして適当な場所にペーストする。タイトルや項目を選択して削除し、さらにグラフエリアをダブルクリックする。「グラフエリアの書式設定」作業ウィンドウが開いたら「グラフのオプション」→「塗りつぶしと線(バージョンによっては「塗りつぶし」)」→「塗りつぶし」で「塗りつぶしなし」、さらに「枠線」で「線なし」を選ぶ。

コピー&ペーストしたグラフを編集する。タイトルと横軸の項目名を削除した後、グラフエリアをダブルクリックし、「塗りつぶし」「線」をなしに設定する
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。