Excelで利用する四則演算の記号は「+(加)」「-(減)」「*(乗)」「/(除)」となる。では、2の2乗や3の3乗のような「べき乗」にはどのような記号を用いればいいのか。

べき乗には「^」を使う

 べき乗の計算には、平仮名の「へ」のキーにある「^(キャラット)」を利用する。2の2乗を数式で書くと「=2^2」となる。[Enter]キーを押すとこれで「4」が返る。下図は参照を用いてべき乗の計算を実行したものだ。C2に「=A2^B2」と数式を立ててC8までオートフィルした。ちなみにn乗のn部分がマイナスだと、例えば「a^(-2)=1/a^2 」のようになる。

参照を用いたべき乗の計算。C2には「=A2^B2」と数式を立てた。これをC8までオートフィルした
[画像のクリックで拡大表示]

 それでは問題。「=2+2*3^2」はどのような値が返るか。暗算で答えてもらいたい。

 そう、「20」になる。四則演算には優先順位があった。「加減」より優先順位が高いのは「乗除」だ。

 「=2+2*3」ならば「2*3」のあとに「2」を足すから答えは「8」になる。「2+2」を先に計算したい場合、カッコでくくって「=(2+2)*3」としなければならない。これだと答えは「12」になる。

 一方でべき乗は「乗除」よりも優先順位が高い。よって、「=2+2*3^2」の場合だと、「3^2」が最優先で「9」となり、これに「2」を掛けて「18」となり、「2」を加えて「20」になるわけだ。仮に「2*3」を最優先しようと思ったら、数式は、「=2+(2*3)^2」としなければならない。これだと答えは「38」になる。

四則演算やべき乗には優先順位がある。このうち最も優先順位が高いのがべき乗だ(セルF6の式に注目)。優先順位を変えるにはカッコを使う(F4とF8)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。