Excelで満年齢を計算する場合、DATEDIF関数を利用する。この関数は表計算ソフトLotus1-2-3との互換性を確保するための関数でExcel純正のものではない。ただ、満年齢や勤続年数の計算に重宝するので、知っておいて損はない。

今日の日付から満年齢を計算

 下図は満年齢計算の土台となる表だ。B1に「本日の日付」を入力し、これを基準日にして、それぞれの「生年月日」から「満年齢」を計算する。その際「本日の日付」にはTODAY関数を利用する。

満年齢計算の土台となる表を作成した。ここでのポイントはB1に、本日の日付を返すTODAY関数を利用している点だ
[画像のクリックで拡大表示]

 TODAY関数は本日の日付を返す関数だ。

TODAY関数 日付/時刻関数

=TODAY()

 本日の日付を返す。引数はいらない。

 B1を選択したら「=TODAY()」と入力して[Enter]キーを押す。すると本日の日付が返る。この関数が便利なのは、翌日このシートを開いたら、自動的にその日の日付が返るところだ。手入力だといちいち新しい日付を打ち込まなくてはならず、「Excelで時短」の精神に反してしまう。

 続いて満年齢を計算する。先に述べたように、利用するDATEDIF関数はExcel純正の関数ではないため「関数ライブラリ」にはない。数式は手入力で対応する。書式は次のようになる。

DATEDIF関数

=DATEDIF(開始日、終了日、単位)

 2つの日付の間の日数、月数、または年数を計算する。

・開始日……開始日を指定する。
・終了日……終了日を指定する。
・単位……単位を指定する。

 それでは、C4を選択して「=DATEDIF(B4,$B$1, "Y"」と入力する。引数「開始日」には「生年月日」に当たるB4、引数「終了日」には「本日の日付」にあたるB1を指定する。このB1はオートフィルのことを考えて絶対参照にしておこう。

 さらに、引数「単位」には「"Y"」と入力する。これは「年=Year」を意味する。「Y」は必ず「"(ダブルクォーテーション)」でくくること。

 以上が入力できたら[Enter]キーを押す。するとC4に満年齢が返った。これをC8までオートフィルすれば完成だ。

C4に「=DATEDIF(B4,$B$1, “Y”」と入力し、これをC8までオートフィルする。引数「終了日」の「B1」は絶対参照にしておこう
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。