ある国の名目GDPの推移をグラフにした。まずは下図を見てもらいたい。数値の桁数が多いため、大変見にくいグラフになっている。ここでは数値を百万ドル単位に丸めよう。

グラフ縦軸の数値の桁数が多いため見にくいグラフになってしまった
[画像のクリックで拡大表示]

数値を100万で割る2つの方法

 今回は2つの方法を紹介したい。最初はグラフの元表に入力してある数値を100万で割る方法だ。これで百万単位にできるが、これにはちょっとした裏技がある。

 まず、B10に「1,000,000」と入力する。次にB10をコピーして、数値の入っているB2:B8を選択する。さらに右クリックしてショートカットメニューから「形式を選択して貼り付け」を選ぶ。

 ダイアログが開いたら「除算」を選択する。これを指定すると、選択した数値をコピーした数値で割り算した値に置き換えられる。では、「OK」を押そう。はい、一発で百万単位になり、桁数をシェイプアップできた。もちろんグラフの桁数も書き換わっている。

「1,000,000」と入力したB10を選択してコピーする。その後、B2:B8を選び、右クリックしてショートカットメニューから「形式を選択して貼り付け」を選ぶ。「除算」を選んで「OK」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]
桁数を百万ドル単位にできた。グラフの桁数も一発で変化する。B1は「名目GDP(米百万ドル)」と書き換える。これがグラフタイトルに反映される
[画像のクリックで拡大表示]

 ただし、忘れずにB1を「名目GDP(米百万ドル)」と書き換えておこう。単位が「米ドル」のままだと大きな間違いになってしまうからだ。今回の例では、グラフタイトルとB1をリンクさせているから、書き換えた内容を即座にグラフタイトルに反映できる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。