年月を表示する際、「21年3月」のように、「年」部分を2桁で表示することがある。ところがExcelに「21年3月」と入力して[Enter]キーを押すと、勝手に「2021年3月」になってしまう。

A2に「21年3月」と入力して[Enter]キーを押す
A2に「21年3月」と入力して[Enter]キーを押す
[画像のクリックで拡大表示]
すると勝手に「2021年3月」となってしまった。何でこんな簡単な入力が表示できないのか
すると勝手に「2021年3月」となってしまった。何でこんな簡単な入力が表示できないのか
[画像のクリックで拡大表示]

よくあるExcelのお節介

 値を入力したA2を選択して、数式バーを確認してみよう。「2021/3/1」と、書式が日付形式になっているのが分かる。つまり「21年3月」のことを日付の「2021年3月1日」だとExcelが勝手に判断し、「2021/3/1」と補助入力してくれたわけだ。

A2を選んで数式バーを確認すると「2021/3/1」となっている。これを便利と言うべきか、はたまたありがた迷惑と呼ぶべきか
A2を選んで数式バーを確認すると「2021/3/1」となっている。これを便利と言うべきか、はたまたありがた迷惑と呼ぶべきか
[画像のクリックで拡大表示]

 こうしたExcelの「お節介」はよくあることながら、どうしても「21年3月」と入力したいときはありがた迷惑以外の何ものでもない。回避する方法をいくつか紹介しよう。

 一つは「’(シングルクォーテーション)」を入力してから、続けて「21年3月」と入力する方法だ。頭に付けた「’」は、続く値が文字列であることをExcelに宣言している。これにより、日付のシリアル値に変換されることなく、文字列として「21年3月」をそのまま表示できる。

頭に「’」を入力してから「21年3月」と入力する
頭に「’」を入力してから「21年3月」と入力する
[画像のクリックで拡大表示]
文字列扱いになるためそのまま「21年3月」と表示できる。「’」は表示されない
文字列扱いになるためそのまま「21年3月」と表示できる。「’」は表示されない
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。