錯視とはものを見たときの錯覚を指す。Excelの図形機能を使うと、錯視を容易に体験できる。この点は以前に実証したことがある。今回は見えないはずの三角形が見えてしまう、という錯視図をExcelの図形機能で作成したい。これにより図形作成の腕前をさらにアップして時短につなげてほしい。

関連記事 Excelで錯視、凸凹に見える2つの円をグラデーションで作って楽しむ

まずは正三角形の作成から

 利用するのは同じサイズの2つの正三角形だ。「挿入」タブの「図」ボタンから「図形」を選び、「二等辺三角形」を選んで、シートの適当な場所を単にクリックする。すると正三角形を一発で作成できる。

 次に三角形の頂点を3行目の上辺に合わせ、その後[Shift]キーと[Alt]キーを押しながら、三角形の右下のハンドルを右下へドラッグし、15行目の上辺でマウスを放す。[Shift]キーを押すと、縦横比を変えずに図形を拡大縮小できる。また、[Alt]キーを押すと、セルの枠線に図形をフィットさせられる。

頂点を3行目の上辺、下辺を15行目の上辺に合わせた正三角形を作る
頂点を3行目の上辺、下辺を15行目の上辺に合わせた正三角形を作る
[画像のクリックで拡大表示]

 これで高さ12行の正三角形を作成できた。次に[Ctrl]キーと[Shift]キーを押しながらドラッグして、正三角形を右側の水平位置に複製する。さらに次の要領で六芒星(ろくぼうせい)にする。

逆三角形にしたところ。やり方は、複製した右側の正三角形を選び、「描画ツール」の「書式」タブ(バージョンによっては「図形の書式」タブ、以下同)から「回転」ボタンをクリックして「上下反転」を選ぶ
逆三角形にしたところ。やり方は、複製した右側の正三角形を選び、「描画ツール」の「書式」タブ(バージョンによっては「図形の書式」タブ、以下同)から「回転」ボタンをクリックして「上下反転」を選ぶ
[画像のクリックで拡大表示]
いいかげんで構わないので、右の三角形をドラッグして左の三角形に重ね合わせる。次に2つの正三角形を選択して、「描画ツール」の「書式」タブから「配置」ボタンを選び、「左右中央揃え」を選ぶ
いいかげんで構わないので、右の三角形をドラッグして左の三角形に重ね合わせる。次に2つの正三角形を選択して、「描画ツール」の「書式」タブから「配置」ボタンを選び、「左右中央揃え」を選ぶ
[画像のクリックで拡大表示]
さらに下向き正三角形の上辺が7行目の上辺にくるようにドラッグする。これで六芒星になった
さらに下向き正三角形の上辺が7行目の上辺にくるようにドラッグする。これで六芒星になった
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。