組織の名前にはとんでもなく長いものがある。例えば「一般社団法人日本テクノミュージック協議会」とか「国際浮世絵美術研究機構墨田区分科会」など、いずれも架空の名称ながら、似たような長い組織名は世の中にごまんとあるのではないか。

 頻繁に利用する長い組織名を都度正確に入力するのは面倒だし、時短ルールにも違反する。今回はExcelのオートコレクト機能を用いて、我々を悩ます「長い組織名問題」を解消したい。

誤入力を自動的に修正

 オートコレクト機能とは、誤入力した表記を自動的に修正してくれる機能だ。例えばシートのどこかに「こんにちわ」と入力してみよう。オートコレクト機能がビシッと働いて、正しい表記である「こんにちは」に自動修正してくれる。

シートのどこかに「こんにちわ」と入力する
[画像のクリックで拡大表示]
オートコレクト機能が働いて正しい表記の「こんにちは」に置き換わる
[画像のクリックで拡大表示]

 なぜこうなるのか。種明かしをすると、まずは「ファイル」タブ→「オプション」を選んで「文章校正」を選ぼう。さらに「オートコレクトのオプション」ボタンをクリックする。するとダイアログの下部にリストがある。このリストを最下部までスクロールすると、「修正文字列」に「こんにちわ」、「修正後の文字列」に「こんにちは」があるのが分かる。つまりここに登録されているため「こんにちわ」が「こんにちは」に自動修正されたのだ。

「ファイル」タブから「オプション」をたどる
[画像のクリックで拡大表示]
さらに「文章校正」→「オートコレクトのオプション」とたどる
[画像のクリックで拡大表示]
「オートコレクト」ダイアログの下部にあるリストに「こんにちわ」「こんにちは」がある
[画像のクリックで拡大表示]

 ちなみに、「誤記注意:<こんにちわ>→<こんにちは>」という注意書きなどをExcelに入力したい場合、オートコレクト機能が勝手に働いて「誤記注意:<こんにちは>→<こんにちは>」となってしまう。このお節介をやめてもらうには、先の「オートコレクト」ダイアログにある「入力中に自動修正する」のチェックを外せばよい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。