グラフにはデータマーカー(各データの値)を表示するのがマナーだ。ところがデータマーカーを表示すると、互いが重なったりして見にくくなることがよくある。下図にその一例を掲げてみた。このままだと「残念なグラフ」のそしりを免れない。簡単な操作で見やすいグラフに仕上げよう。

データマーカーが重なりあったグラフ。データマーカーを表示するには、グラフを選択した状態で「グラフのデザイン」タブ→「グラフ要素を追加」ボタン→「データラベル」から表示させたい位置を指定する
データマーカーが重なりあったグラフ。データマーカーを表示するには、グラフを選択した状態で「グラフのデザイン」タブ→「グラフ要素を追加」ボタン→「データラベル」から表示させたい位置を指定する
[画像のクリックで拡大表示]

データマーカーの位置を一発で変更

 データマーカーの表示位置は変更できるようになっている。まず、棒グラフ(売上高)のデータマーカーをどれか1つクリックする。すると、売上高の全データマーカーが選択状態になった。

いずれか1つのデータマーカーを選択すると、同系列のデータマーカーを全て選択できる
いずれか1つのデータマーカーを選択すると、同系列のデータマーカーを全て選択できる
[画像のクリックで拡大表示]

 次に「グラフのデザイン」タブ→「グラフ要素を追加」ボタン→「データラベル」から「内部外側」を選択する。すると棒グラフのデータマーカーが、棒の内部の上側に移動した。

「グラフのデザイン」タブ→「グラフ要素を追加」ボタン→「データラベル」から「内部外側」を選択
「グラフのデザイン」タブ→「グラフ要素を追加」ボタン→「データラベル」から「内部外側」を選択
[画像のクリックで拡大表示]

 これで重なりはなくなったが、棒のブルー地に黒のデータマーカーは見づらい。データマーカーを選択している状態で「ホーム」タブの「フォントの色」ボタンから「白」を選んで白抜きにした。

データマーカーを選択した状態で「ホーム」タブの「フォントの色」ボタンから「白」選ぶ
データマーカーを選択した状態で「ホーム」タブの「フォントの色」ボタンから「白」選ぶ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。