Excelではマウスのドラッグ操作で連番を簡単に作成できる。ただし、ドラッグ操作による連番は、他の列などで並べ替えを実行すると順番がバラバラになってしまう。今回はこのトラブルを回避する方法について考えてみたい。

まずはオーソドックスに連番を振る

 例えば下図のポイント獲得表でA3:A8に「1」から始まる連番を振りたいとする。マウスのドラッグ操作で連番を振る場合、次のように行う。

A3に「1」と入力する。[Enter]キーを押さないで、セルの右下にあるハンドルにポインターを合わせてダブルクリックする
A3に「1」と入力する。[Enter]キーを押さないで、セルの右下にあるハンドルにポインターを合わせてダブルクリックする
[画像のクリックで拡大表示]
A8の右下に「オートフィルオプション」ボタンが現れるのでクリックし、メニューから「連続データ」を選ぶ
A8の右下に「オートフィルオプション」ボタンが現れるのでクリックし、メニューから「連続データ」を選ぶ
[画像のクリックで拡大表示]
1から6の連番を振れた
1から6の連番を振れた
[画像のクリックで拡大表示]

 今回の表には「上期」と「下期」の獲得ポイントが表示されている。ここでは「上期」を基準にして降順でポイントのデータを並べ替えてみよう。

C2の「上期」をクリックし、「ホーム」タブにある「並べ替えとフィルター」ボタンから「降順」を選ぶ
C2の「上期」をクリックし、「ホーム」タブにある「並べ替えとフィルター」ボタンから「降順」を選ぶ
[画像のクリックで拡大表示]
「上期」のポイントの大きい順に並び替わった。そのため「No.」の順番もバラバラになってしまった
「上期」のポイントの大きい順に並び替わった。そのため「No.」の順番もバラバラになってしまった
[画像のクリックで拡大表示]

 「No.」の連番を固定しておきたい場合、順番がバラバラになると具合が悪い。この問題を回避する方法はいくつかある。まずは、並べ替えの際に、並べ替えたい範囲だけを選ぶことだ。

B2:D8を選択する。その後、[Tab]キーを打つと、選択範囲内を移動できる。ここで選択場所をC2の「上期」にする。これは並べ替えの基準を「上期」にすることを意味している
B2:D8を選択する。その後、[Tab]キーを打つと、選択範囲内を移動できる。ここで選択場所をC2の「上期」にする。これは並べ替えの基準を「上期」にすることを意味している
[画像のクリックで拡大表示]
先の「並べ替えとフィルター」ボタンから「降順」を選ぶ。選択した範囲だけ、「上期」のポイントの大きい順に並びが変わった。「No.」の順番に変化はない
先の「並べ替えとフィルター」ボタンから「降順」を選ぶ。選択した範囲だけ、「上期」のポイントの大きい順に並びが変わった。「No.」の順番に変化はない
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。