企業のIRデータなどを見ていると、売り上げの前年比をパーセンテージではなく実数で表示していることがある。下の表はその一例で、この表からプラスマイナスで上下に分かれる棒グラフを作成した。

A1:B6を選び、「挿入」タブから「縦棒/横棒グラフの挿入」(バージョンによっては「グラフの挿入」)ボタンをクリックし「集合縦棒」を選ぶ。上下に分かれるグラフが一発で出来上がる。高さは調整した
A1:B6を選び、「挿入」タブから「縦棒/横棒グラフの挿入」(バージョンによっては「グラフの挿入」)ボタンをクリックし「集合縦棒」を選ぶ。上下に分かれるグラフが一発で出来上がる。高さは調整した
[画像のクリックで拡大表示]

このままでは人前に出せないグラフ

 一発でできたグラフとはいえ、このままで人前に出すのはちょっとはばかられる。そもそもデータラベルが表示されていないから、各バーの値が一目では分からない。また、マイナスのバーが項目名(年)にかぶっているため見にくい。さらに、そのマイナスバーは、やはり色を変えて赤などにしたい。以下、これらの点を改善する。まずは、データラベルの表示と項目名の調整を行う。

グラフをクリックしたら、「+(グラフ要素)」ボタンをクリックして、「データラベル」にチェックを入れる。これで各バーにデータラベルを表示できた
グラフをクリックしたら、「+(グラフ要素)」ボタンをクリックして、「データラベル」にチェックを入れる。これで各バーにデータラベルを表示できた
[画像のクリックで拡大表示]
次に横軸の項目名をダブルクリックする。「軸の書式設定」作業ウィンドウが開くので、「軸のオプション」→「軸のオプション」にある「ラベル」から「ラベルの位置」の▼をクリックして「下端/左端」を選ぶ
次に横軸の項目名をダブルクリックする。「軸の書式設定」作業ウィンドウが開くので、「軸のオプション」→「軸のオプション」にある「ラベル」から「ラベルの位置」の▼をクリックして「下端/左端」を選ぶ
[画像のクリックで拡大表示]
これで項目名をグラフの下部に配置できた
これで項目名をグラフの下部に配置できた
[画像のクリックで拡大表示]

 たったこれだけの調整でさっきよりぐんと見やすいグラフになった。さらに調整を進めよう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。