Excelのグラフでは、正確な値を示すために、データラベルを表示するのが原則だ。ただ、折れ線グラフのように、データが込み入ったグラフにデータラベルを表示すると見栄えの上で支障をきたす。どう対処すべきか。

折れ線グラフにデータラベルを表示した。場所によってはデータラベルが重なって非常に見にくい
[画像のクリックで拡大表示]

基本は「データテーブル」の活用

 すべてのデータマーカー(折れ線上の丸いポイントを指す)について正確な値を示したければ、データラベルは非表示にし、個々の値を一覧表で示す「データテーブル」を利用するのがよい。

 グラフを選択して、右上にある「グラフ要素」ボタンをクリックし、「データラベル」のチェックを外す。次に「データテーブル」をチェックし、右横の三角マークをクリックして「凡例マーカーあり」を選ぶ。

 するとグラフの下側にデータテーブルが出来上がった。表に凡例マーカーが表示されているので、「凡例」は非表示にしてしまおう。

各データマーカーの値を表示できた。「凡例」は重複するので非表示にする。またプロットエリアのサイズを調整する
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。