携帯電話の番号は「090-1234-5678」のように先頭に「0」がくる。この携帯電話の番号をハイフンなしでそのままExcelに入力すると、頭の「0」が消えて「9012345678」になってしまう。連絡先リストなどを作成するときに不便だ。なんとか避けられないか。

ケータイの番号を正確に表示する

 こうなるのはExcelが「09012345678」を数値と判断し、不必要な頭の「0」を勝手に削除してしまうからだ。しかし、ケータイの番号だからやはり「0」から記したい。正確に表示する方法はいろいろとある。

 最も一般的なのは「09012345678」を文字列として入力することだ。頭の「0」の前に、「’(クォーテーション)」を入力してから「09012345678」と入力してみよう。「’」は以下に入力する値が文字列であることを宣言する記号だ。結果、頭の「0」も正確に表示できる。

頭に「’」を入力してから「090」以下を入力する
頭に「’」を入力してから「090」以下を入力する
[画像のクリックで拡大表示]
「’」は文字列を宣言する記号に当たる
「’」は文字列を宣言する記号に当たる
[画像のクリックで拡大表示]

 また、ケータイ番号を入力するセルの表示形式を文字列に設定する手もある。番号を入力するB列の列見出しを右クリックして、メニューから「セルの書式設定」を選ぶ。ダイアログが開いたら「表示形式」タブの「分類」から「文字列」を選んで「OK」ボタンを押す。そのあと「090」以下の番号を入力すればよい。「’」を入力する必要はない。

B列の列見出しを右クリックして「セルの書式設定」を選ぶ
B列の列見出しを右クリックして「セルの書式設定」を選ぶ
[画像のクリックで拡大表示]
セルの「表示形式」を「文字列」に設定する
セルの「表示形式」を「文字列」に設定する
[画像のクリックで拡大表示]
「090」以下の番号を入力する。こちらの方法でも頭の「0」を表示できる
「090」以下の番号を入力する。こちらの方法でも頭の「0」を表示できる
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。