やらなければならないことがいっぱいあるとき、To Doリストを作成すると頭の中を整理できる。リスト作成方法は人によりけりだと思うが、今回はExcelのテーブル機能を用いたTo Doリストを作成し、生産性向上を目指したい。

To Doリストのベースを作成する

 まず、To Doリストのベースを作成する。今回は、「タスク」「締め切り」「終了日」「満足度」という4つの項目を持つリストにしようと思う。次の手順で項目を作成してテーブルを適用する。

A1:D1に「タスク」「締め切り」「終了日」「満足度」と入力する。A1を選び、「ホーム」タブの「テーブルとして書式設定」ボタンを押し、「青、テーブルスタイル(中間)2」を選ぶ
A1:D1に「タスク」「締め切り」「終了日」「満足度」と入力する。A1を選び、「ホーム」タブの「テーブルとして書式設定」ボタンを押し、「青、テーブルスタイル(中間)2」を選ぶ
[画像のクリックで拡大表示]
ダイアログが現れるので、「先頭行をテーブルの見出しとして使用する」にチェックを入れて「OK」ボタンを押す
ダイアログが現れるので、「先頭行をテーブルの見出しとして使用する」にチェックを入れて「OK」ボタンを押す
[画像のクリックで拡大表示]
テーブルが出来上がった。「タスク」の列幅を大きくする
テーブルが出来上がった。「タスク」の列幅を大きくする
[画像のクリックで拡大表示]

 次にタスク(やらなければならないこと)を入力する。その際、必ずしも時系列で入力する必要はない。思いついたタスクを入力し、その締め切りを打ち込む。あとから「締め切り」を基準にフィルターで並べ替えをすればいいからだ。

A2をクリックし、タスクを入力する。[Tab]キーを押してB2に移動し、締め切りを入力する
A2をクリックし、タスクを入力する。[Tab]キーを押してB2に移動し、締め切りを入力する
[画像のクリックで拡大表示]
[Enter]キーを押したあとA3に移動し、次のタスクを入力する
[Enter]キーを押したあとA3に移動し、次のタスクを入力する
[画像のクリックで拡大表示]
[Tab]キーを押してB3に移動する。するとテーブルの範囲が広がった。この要領でタスクと締め切りを次々と入力する
[Tab]キーを押してB3に移動する。するとテーブルの範囲が広がった。この要領でタスクと締め切りを次々と入力する
[画像のクリックで拡大表示]

 一通りタスクを打ち込めたら、「締め切り」を基準にフィルターで昇順に並べ替えを実行する。これで締め切りの早い順にタスクを並べ替えられる。

タスクを一通り入力できた。そうしたら、「締め切り」の「フィルター」ボタンをクリックして、「昇順」をクリックする
タスクを一通り入力できた。そうしたら、「締め切り」の「フィルター」ボタンをクリックして、「昇順」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]
「締め切り」の早い日付順にタスクを並べ替えられた。これで作業の優先度が一目瞭然になる
「締め切り」の早い日付順にタスクを並べ替えられた。これで作業の優先度が一目瞭然になる
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。