Excelのテーブル機能が持つフィルターを利用すると、目的のデータのみを表示できる。意外に便利なのが、来月や今週のデータを一発で表示する機能だ。下図の予約表を例にその実際を紹介しよう。なお、テーブルの設定方法については関連記事を参照されたい。

「日付」「名前」「人数」の列を持つ予約表。この表を「ホーム」タブの「テーブルとして書式設定」ボタンでテーブルにした
[画像のクリックで拡大表示]

今月や来月の予約のみを表示する

 現在は6月で、来月の予約のみを表示したいとする。この場合、やり方はいくつかある。まず、表見出しの「日付」にある「フィルター」ボタンをクリックして「日付フィルター」を選ぶ。さらにメニューから「来月」を選ぶと、これで来月、つまり「日付」が7月の予約のみを表示できる。

「フィルター」ボタンをクリックし、「日付フィルター」にある「来月」を選ぶ
[画像のクリックで拡大表示]

 再び「日付」の「フィルター」ボタンをクリックして、今度は「日付からフィルターをクリア」を選ぶ。フィルターが解除され全予約を表示できる。

 さらに、再度「日付」の「フィルター」ボタンをクリックしてみよう。チェックボックスの「(すべて選択)」の下に「6月」「7月」とある。この「6月」のチェックを外して「OK」ボタンを押すことでも、「7月」(来月)の予約のみを表示できる。

「6月」のチェックを外すと「7月」のみのチェックとなる。「OK」ボタンを押してみよう
[画像のクリックで拡大表示]
来月(7月)の予約のみを表示できた。それ以外は非表示になった
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。