Excelのグラフには必要不可欠な要素がある。これがなければグラフとして機能しないというものだ。まずは下図のグラフを見て、足りない要素を指摘してもらいたい。

一見するとよくできたグラフに見える。しかしよくよく見ると大きな欠陥が少なくとも2つはある
一見するとよくできたグラフに見える。しかしよくよく見ると大きな欠陥が少なくとも2つはある
[画像のクリックで拡大表示]

各折れ線は何を示しているのか

 例に挙げたグラフには、少なくとも2つの大きな欠陥があるため、「残念なグラフ」と言わざるを得ない。第1に4つある折れ線が何を示しているのか分からないことだ。グラフタイトルには「4社の売上推移」とあるので、それぞれの折れ線は4社の会社のいずれかを示しているのだろう。どの折れ線がどの会社を示しているのかは、「凡例」で表示する必要がある。

 グラフをクリックし、右肩にある「グラフ要素」ボタンから「凡例」にチェックを入れる。これでどの折れ線がどの会社を示しているのかが明らかになった。

「グラフ要素」ボタンをクリックして「凡例」にチェックを入れる。グラフに「凡例」が表示された
「グラフ要素」ボタンをクリックして「凡例」にチェックを入れる。グラフに「凡例」が表示された
[画像のクリックで拡大表示]

 ただし、このままで良しとしていては、グラフの見せ方に対する配慮があまりにも足りない。それというのも、「凡例」が右側中央にあるため、右側の上下に余分な空白ができている。そのためグラフ本体が窮屈になっている。ここはやはり「凡例」の位置を調整すべきだろう。

 再び「グラフ要素」ボタンをクリックして「凡例」をたどり、右横に出る三角マークをクリックして「下」を選ぶ。これで「凡例」はグラフ本体の下部に移動し、余分な空白を解消できた。

「凡例」の位置をグラフ本体の下部に移動した。これで右側にあった余分な空白を解消できた
「凡例」の位置をグラフ本体の下部に移動した。これで右側にあった余分な空白を解消できた
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。