Excelで基本中の基本となる所作は、やはりデータ入力だろう。今回はこのごく当たり前の操作について、下図の表を用いて考えてみたい。意外に無駄なことをしていたと気づく人もいるはずだ。

公園への月ごとの来場者を示す表。この表に来場者数を入力する
[画像のクリックで拡大表示]

部分編集は「数式」バーで

 最も基本となる入力方法は、セルをクリックしたあと、キーボードを打ってデータを入力するやり方だ。いまさら文字にするのがはばかれるほど基本的な所作である。

東公園の6月の入場者数を入力する。C4を選択した後、「3445」と入力した。あらかじめ「表示形式」に「桁区切りスタイル」を設定してあるため、カンマを入力する必要はない
[画像のクリックで拡大表示]

 C4に「3445」と入力を決定した後、誤入力に気が付いた。正しくは「3345」である。さて、どうやって修正すべきか。

 一般的なのは、再度C4を選択して、正しい値である「3345」を入力する方法だろう。セルを選択した後データを入力すると、前に入力してあったデータは無効になって、新しいデータが上書きになる。

 4桁程度ならば再入力してもあまり問題ないかもしれない。しかし、桁数が多いと明らかに面倒だし、また打ち間違えることも考えられる。代替となる2つの方法を紹介したい。まず、「数式」バーを利用する方法だ。

 C4を選択したあと、「数式」バーを見ると「3445」と入力されている。この「数式」バーの「4」と「4」の間にカーソルを置いて[Delete]キーを押し、前の「4」を削除する。その後「3」と入力すれば、誤入力した「4」の箇所だけ、正しい値に書き換えられる。

セルを選択した後、「数式」バーにカーソルを置いて、必要な箇所を編集する。このように「数式」バーを使うと部分編集ができる
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。