セルに入力した値を結合する場合、「&(アンパサンド)」を利用する。例えば下図の名簿で考えてみよう。A2には姓、B2には名が入力してあり、C2に「=A2&B2」と入力すると、A2とB2に入っている値が結合されて姓名が返る。

A2に「山川」、B2に「太郎」のように、姓名が分かれている名簿のC2に「=A2&B2」と入力した。それぞれのセルに入っていた姓と名が結合されて「山川太郎」が返った
A2に「山川」、B2に「太郎」のように、姓名が分かれている名簿のC2に「=A2&B2」と入力した。それぞれのセルに入っていた姓と名が結合されて「山川太郎」が返った
[画像のクリックで拡大表示]

文字列をダイレクトに結合する

 では、姓名を結合する際、姓と名の間に全角スペースを入れたいとする。C3はその例で、数式は「=A3&" "&B3」となっている。文字列を直接結合する場合、「"(ダブルクォーテーション)」で囲った文字列を「&」で結合する。「" "」部分が文字列の全角スペースに当たる。

C3に「=A3&“ ”&B3」と入力してみた。すると姓名の間に全角スペースが入って「三好 和義」が返った
C3に「=A3&“ ”&B3」と入力してみた。すると姓名の間に全角スペースが入って「三好 和義」が返った
[画像のクリックで拡大表示]

 以上を念頭に別の図を見てもらいたい。A9にはA1とB1に入力した値を用いて「合計金額は107400円です。」と入力した。A9の数式は「=A1&"は"&B1&"円です。"」となっている。これは「A1」と「は」と「B1」と「円です。」を結合することを意味している。

A9に「=A1&“は”&B1&“円です。”」と入力した。「合計金額は107400円です。」が返った
A9に「=A1&“は”&B1&“円です。”」と入力した。「合計金額は107400円です。」が返った
[画像のクリックで拡大表示]

 同じ要領でB2の日付を利用し、「2021年8月31日までにお支払いください。」とA10に表示してみよう。数式は「=B2&"までにお支払いください。"」だ。ところが[Enter]キーを押すと、「44439 までにお支払いください。」と返ってしまった。これはどういうことか。

日付の値をテキストと結合したら、日付部分が「44439」となってしまった。これはいったいどういうこと?
日付の値をテキストと結合したら、日付部分が「44439」となってしまった。これはいったいどういうこと?
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。