桁数の多い値をそのままグラフにすると見にくく煩雑になる。その対処法として、値を切り捨てて単位を置き換え、その値をグラフに反映するやり方がある。

関連記事 Excelグラフの「軸問題」はこれで解決、桁数が多い数字を丸めて表示する技

TRUNC関数を活用する

 今回の事例では40億円を超える売り上げを棒グラフで示している。グラフの元になっているのはA1:B6だ。ここでは、元のデータを残しつつ、現行のグラフを、億円を単位としたグラフに置き換えたい。

売上高40億円台の数字をそのまま表示したグラフ。桁数が多いため、縦軸に多くのゼロが並んでいる
売上高40億円台の数字をそのまま表示したグラフ。桁数が多いため、縦軸に多くのゼロが並んでいる
[画像のクリックで拡大表示]

 売り上げを億円単位に丸めるには、現在の売り上げを「100,000,000」で割れば良い。ただし今回は小数第2位まで表示して、百万円単位の数字まで表示する。

 この場合、単純に「100,000,000」で割り算し、その結果を「ホーム」タブの「小数点位置上げ」ボタンで調整して、小数第2位まで表示する手がある。

 ただ注意したいのは、このやり方だと10万円単位の値が四捨五入になる。そのため、値によっては本来の売り上げよりも大きな数字になる。少々大げさかもしれないが、これでは売上高の水増しになりかねない。企業の決算短信でも端数は切り捨てが標準だ。ここでも小数第3位以下(10万円以下)は切り捨てにしてしまおう。

 小数点以下を切り捨てるのはINT関数を使うのが手っ取り早い。しかし、INT関数は桁数の指定ができず、無条件に小数点以下を切り捨ててしまう。そこでTRUNC関数かROUNDDOWN関数のいずれかを使うことになる。

関連記事 Excelで小数点以下「切り捨て」の扱い、関数によって微妙に振る舞いが違う

 今回は関数名の字数が少ないTRUNC関数を利用してみた。TRUNC関数の構造表と設定の手順は以下の通りだ。

TRUNC関数 数学/三角関数

=TRUNC(数値,桁数)

 数値の小数部分を切り捨てて、整数または指定した桁数に変換する。

①数値 小数部に切り捨てする値を指定する。
②桁数 省略可能。切り捨てを行ったあとの桁数を指定する。桁数の規定値は「0」になる。
まず、C1に「売上高(単位:億円)」と入力する。次にC2を選んで「= TRUNC(B2/100000000,2)」と数式を入力する。これは「B2を1億で割り、小数第2位まで表示した値を返せ」という意味だ。では、[Enter]キーを押そう
まず、C1に「売上高(単位:億円)」と入力する。次にC2を選んで「= TRUNC(B2/100000000,2)」と数式を入力する。これは「B2を1億で割り、小数第2位まで表示した値を返せ」という意味だ。では、[Enter]キーを押そう
[画像のクリックで拡大表示]
「41.82」億円が返った。「桁数」を「2」にしたから、小数第2位までを表示している。この数式をC6までオートフィルすれば、すべての売上高を小数第2位までの億円単位にできる
「41.82」億円が返った。「桁数」を「2」にしたから、小数第2位までを表示している。この数式をC6までオートフィルすれば、すべての売上高を小数第2位までの億円単位にできる
[画像のクリックで拡大表示]

 結果に返った数字をよく見てもらいたい。2016年度の「4,182,352,000」は「41.82」で10万円単位が切り捨てになっている。10万円台は「3」だから、この場合四捨五入であっても同様の数値が返る。一方、2017年度の「4,327,860,000」を見ると「43.27」になっている。10万円台は「8」で、四捨五入だと繰り上がって、小数第2位は「8」になるだろう。しかし「7」のままなので、切り捨てが正常に働いていることが分かる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。