グランプリに輝いたのは「クラウドネイティブ」だ。クラウドネイティブは新しいキーワードではない。Kubernetesといったオープンソースソフトウエア(OSS)の開発を進める団体「Cloud Native Computing Foundation(CNCF)」がクラウドネイティブの技術について言及している。それが「コンテナ」「サービスメッシュ」「マイクロサービス」「イミュータブルインフラストラクチャー」「宣言型API」である。

 コンテナはアプリケーションの動作環境を仮想化する技術。サービスメッシュは各サービス間のネットワーク。マイクロサービスはアプリケーションを細かな要素に分割し、それぞれ独立して開発したり運用したりする手法。イミュータブルインフラストラクチャーはパッチやアップデートを自動適用し、いったん本番環境を構築したら煩雑な管理が必要ないインフラ基盤。宣言的APIは指定したシステムの状態に近づけるため自動修正・修復する仕組みだ。

 審査会ではクラウドネイティブの意味をアーキテクチャーだけでなく開発プロセスや手法を含むものと捉えた。ITジャーナリストの新野淳一氏は「クラウド環境に最適化したアーキテクチャーと開発手法が2020年のトレンドになる」と予想する。例えばCI/CDの仕組みを構築し、GitHubにソースコードをコミットすれば自動的にテストプロセスが開始され、本番環境にデプロイ(配置)されるといった具合だ(図3)。

図3●広義のクラウドネイティブ環境
[画像のクリックで拡大表示]

 これまで既存システムをそのままクラウドに移行するのがメインだったが、いよいよクラウドのITインフラを利用し、CI/CDや自動化といった仕組みを活用したシステム構築が進むというわけだ。新野氏は「クラウド上にシステムを移行できない企業でも開発プロセスの自動化に取り組む企業が増えるのではないか」とみる。

 開発プロセスまでクラウドネイティブになるインパクトは大きい。ITインフラだけをクラウド化しても開発スピードは上がらないが、自動化の仕組みを整えられればITインフラの構築からアプリ開発、リリースといった一連の流れが早くなる。結果、DX推進に寄与できるようになる。

フルサーバーレスが加速する

 ウルシステムズの漆原茂代表取締役社長は「クラウドネイティブが普及するとフルサーバーレスに取り組む企業が現れる」と予想する。フルサーバーレスの環境はエンジニアがアプリケーションのコードさえ準備すれば自動的にサーバーが立ち上がり、アプリケーションが稼働する。エンジニアはアプリケーション開発に専念できる。加えてサーバーを使った分だけ課金されるため「コストは劇的に下がる」(漆原社長)という。コストメリットがあれば経営層にも受け入れられやすい。

 しかもフルサーバーレス化が一気に進む可能性があるという。「ソフトウエア開発のデザインパターンのようにITインフラのデザインパターンが確立される」(漆原社長)からだ。例えばECサイト構築やAI(人工知能)システム構築などの各事例が登場し、それらの構築法がパターンとして共有されていくと見込む。