無線LANの新しい規格Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)では、2.4GHz帯を利用できる。外部からの電波干渉の影響を受けやすいこの周波数帯でどれほどのスループットが出るのか。またWi-Fi 6に対応したアクセスポイント(AP)をいち早く導入すれば、1世代前のIEEE 802.11ac対応端末との混在環境が想定される。そうしたとき、新旧の規格の端末が互いに悪影響を与えないだろうか。実験で確認してみよう。

実験 2.4GHz帯

 Wi-Fi 6では、802.11acで非対応だった2.4GHz帯に対応した。2.4GHz帯と言えば、Bluetoothや電子レンジといった無線LAN以外の機器でもよく利用される周波数帯なので電波干渉しやすい。このため、使い物にならないというイメージが強い。802.11acで非対応だったのも、利用しにくいからだろう。

 ただAPが2.4GHz帯と5GHz帯の両方に対応していれば、安定している5GHz帯は業務用、不安定な2.4GHz帯はゲスト用といった使い分けができる。

 Wi-Fi 6の2.4GHz帯では通常の環境でどのくらいのスループットが出るのか実験してみた。

 この実験では比較のために、2.4GHz帯に対応する2世代前の規格IEEE 802.11nのスループットも測定した。また電波干渉があるときとないときでどれくらいスループットが変化するのかも調べた。

干渉がなければ11nの1.5倍

 まずは、電波暗箱を使って電波干渉がない状態でスマホ(Galaxy S10)とAP(Catalyst 9130)のスループットを計測した。結果は、802.11nが約120Mビット/秒だったのに対して、Wi-Fi 6では約180Mビット/秒と約1.5倍のスループットを記録した。

外部からの電波干渉を受ける環境と受けない環境での2.4GHz帯のスループット
[画像のクリックで拡大表示]

 次は電波暗箱の扉を開けて、外部の電波干渉を受ける状態で計測した。その結果、両者ともスループットは100Mビット/秒未満に低下した。外部の電波状態は大きく変化するため、Wi-Fi 6が802.11nを下回ることもあった。

 Wi-Fi 6でも干渉がある場合のスループットはそれほど改善されていないようだ。ただ、数十Mビット/秒のスループットは得られている。2.4GHz帯でもMU-MIMO機能は有効なので、802.11nの2.4GHz帯より効率的に利用できるだろう。

 なお周囲で利用されているAPがWi-Fi 6対応になれば、BSS Coloringという機能が効いて、電波干渉を受ける度合いを軽減できる可能性がある。BSS Coloringとは、隣接するAP同士が電波出力などを調整して電波干渉の影響を軽減する機能である。Wi-Fi 6で追加された機能の1つだ。ただし、電子レンジなど無線LANと関係のない2.4GHz帯の電波を使う機器には機能しない。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。