ネットワークを管理するには、ネットワーク機器や回線の状態を常に把握し、状況に応じて適切に設定する必要がある。そのために必要な作業をすべて手作業で行うのは大変だ。

 よく行うのが、入力する順番にコマンドを並べた手順書を作り、毎回その手順通りにコマンドを打ち込むやり方だ。これだと、コマンドの数が増えるに従って多くの手間や時間がかかるようになる。

プログラミングで面倒な手作業をなくす
[画像のクリックで拡大表示]

 それに加え、手作業だとミスも発生しやすくなる。設定に誤りがあっても、すぐにネットワークの挙動がおかしくなるとは限らない。後になって不具合が発生することも多い。こうした場合は、不具合の原因を調べるだけでも大変だ。

 こうした作業をプログラムとして記述すれば、そのプログラムを実行するだけで作業が完了する。手間や時間が節約できるのに加え、手作業に起因するミスも起こらなくなる。

Pythonで作業を自動化しよう

 こうしたプログラミングによるネットワーク管理の自動化に適しているのが、「Python」というプログラミング言語である。Pythonの最大の特徴は、利用できるライブラリーが豊富なことだ。いわば「IT分野の十徳ナイフ」といえる。

豊富なライブラリーを誇るPython
[画像のクリックで拡大表示]

 特に人工知能(AI)関連のライブラリーが充実していることで有名だが、ネットワーク関連のライブラリーも多い。パケットを生成・送信したり取得したりできる「Scapy」、Webページの内容を解析して情報を抜き取るスクレーピングを行う「Beautiful Soup」などのライブラリーがある。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。