Windows 10に標準で搭載されている日本語入力ソフト「Microsoft IME」には、便利な機能がたくさんある。これらを覚えると、文章をより正確に、効率的に入力できるようになる。

入力言語をさらに早く切り替えるには

 入力言語の切り替え方法としてよく知られているのがキーボードの「半角/全角」キーだ。しかし実は「CapsLock」キーでも入力言語は切り替わる。押しづらい位置にある「半角/全角」キーよりも、ホームポジションから小指で押せる「CapsLock」キーのほうが押しやすい人もいるだろう。

 最近のMicrosoft IMEは、日本語入力をオンにすると画面中央に大きく入力モードが表示される。分かりやすい半面、この表示が気になる人もいるかもしれない。これが不要なら、タスクバーに常駐するMicrosoft IMEのアイコンを右クリックし、メニューから「プロパティ」で設定画面を開く。そして「IME入力モード切替の通知」にある「画面中央に表示する」のチェックを外せば、表示されなくなる。

「半角/全角」キーだけでなく、「CapsLock」キーでも日本語の入力を切り替えられる。画面のように中央に入力モードが表示されるのが嫌であれば、設定でオフにしよう
[画像のクリックで拡大表示]

ファンクションキーで入力文字種を一発指定

 ひらがなやカタカナ、英数字を入力するときは、変換時に「変換」キーを押す代わりに、ファンクションキーを活用すると、より効率良く文字を入力できる。「F6」キーから「F10」キーは文字の変換に割り当てられており、ひらがなやカタカナ、アルファベットなどを即入力できる。

 「F6」キーは、入力した文字をすべて全角ひらがなに変換、「F7」キーは全角カタカナへの変換、「F8」キーは半角カタカナへの一発変換となっている。これらのキーを1回押すとすべての文字が変換され、2回以上を押すと押した数だけ文字範囲が左側に移動し、カタカナとひらがなが混在した単語を簡単に入力できる。

 「F9」キーは全角英数字、「F10」は半角英数字への変換となる。「F9」キーや「F10」キーも押した回数によって、大文字と小文字が切り替わる。1回押すとすべて小文字、2回押すとすべて大文字、3回押すと先頭の文字だけ大文字であとは小文字に変換される。このファンクションキーの使い方を覚えると、入力時間を短縮できる。

 小型ノートパソコンの中には、ファンクションキーを搭載していないものがある。こうしたパソコンは、他のキーの組み合わせを覚えておくと便利だ。文字入力時のF6~F10の各種キーは、「Ctrl」キーと「U」「I」「O」「P」「T」の組み合わせでも操作できる。ファンクションキーまで手を伸ばすのが面倒という人も、試してみてはいかがだろうか。

F6~F10までのファンクションキーは文字入力に割り当てられており、ひらがなやカタカナ、英字を楽に変換できる。ショートカットキーによる操作も可能だ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。