Windows 10には「Microsoft IME」という日本語入力ソフトを標準で搭載しているが、サードパーティー製の日本語入力ソフトもある。ここでは米グーグル(Google)の「Google 日本語入力」と、ジャストシステムの「ATOK for Windows」を紹介する。

 これら2本の日本語入力ソフトはMicrosoft IMEと共存可能で、好みに応じて使い分けられる。インストールすると、タスクバーの通知領域に日本語入力ソフトの切り替えアイコンが表示される。クリックすると切り替え可能な日本語入力ソフトが一覧表示されるので、その中から使いたいものを選ぶ。この一覧は「Windows」キー+「スペース」キーでも表示できる。また、使用する日本語入力ソフトは「Ctrl」キー+「Shift」キーで切り替えられる。

タスクバーの通知領域にあるアイコンをクリックするか、「Windows」キー+「スペース」キーまたは「Ctrl」キーと+「Shift」キーを押すことでメニューが表示され、日本語入力ソフトを切り替えられる
[画像のクリックで拡大表示]

間違えやすい用語を訂正できるGoogle 日本語入力

 Google 日本語入力は、無料でグーグルのWebサイト(https://www.google.co.jp/ime/)からダウンロードできる。

 Microsoft IMEと大きな違いは、間違えやすい単語の訂正機能があることだ。例えば「雰囲気」と入力しようとして「ふいんき」と入力してしまったケースを思い浮かべてほしい。Microsoft IMEは間違えて入力した文字の候補しか表示しないが、Google 日本語入力は入力ミスを判断して「雰囲気」を変換候補に表示する。

Google 日本語入力はWindows版のほかにMac版やAndroid版もある
(出所:グーグル)
[画像のクリックで拡大表示]
間違えやすい単語の訂正機能を持つ。例えば画面のように「雰囲気」を入力しようとして「ふいんき」と入力しても、「ふんいき」の候補が表示される
[画像のクリックで拡大表示]

 Google 日本語入力はMicrosoft IMEと同様に学習機能を持ち、予測変換機能もあるので、最初の数文字を入力するだけで単語を入力できる。またWebから収集した珍しい人名や地名、難しい専門用語、はやりの顔文字や店の名前などを定期的に辞書に追加しているという。絵文字や顔文字の候補も、Microsoft IMEより多い。

Microsoft IMEよりも絵文字や顔文字が多い。機種依存文字も候補に含まれているが、それも候補に記載されているため使い分けがしやすい
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。