今回の「やってはいけない」は、組織内の誰かが余っていたケーブルを近くにあった機器につないだという事例だ。どこにもつながっていないケーブルのコネクターを見つけた人が、「偶然外れたのだろう」と考えて善意で機器につなぐ行為がトラブルに発展する。どうしてトラブルになるのかを解説しよう。

ルーター直結でもつながらない

 IT系のコンサルティング事業を手掛けるある企業では、主に社外で活動する従業員のノートパソコンは無線LANでネットワークにつないでいた。一方、オフィスに常駐する従業員のパソコンや複合機、NASなどの接続には有線LANを使っていた。

 ある日、社外から戻ったばかりの従業員が、システム管理者に「ネットワークにつながらない」と連絡してきた。従業員によれば、全く通信できないという。

無線LANでネットワークにアクセスできないトラブルが発生
従業員が社外から戻ってくるとパソコンがネットワークにつながらなくなっていた。オフィスはフリーアドレススペースを採用し、無線LANでネットワークにアクセスするようになっていた。
[画像のクリックで拡大表示]

 管理者が自身のパソコンを再起動すると、従業員が訴える症状を確認できた。次に、サーバー室にあるルーターにパソコンを直接つないでみた。これでもネットワークにつながらなかった。

無線LAN中継機に接続されたLANケーブルを発見
導入したばかりの無線LAN中継機が影響したのかと思い、念のため確認すると不要なLANケーブルが接続されているのを発見した。
[画像のクリックで拡大表示]

 会議室には数日前に導入した無線LAN中継機があった。念のため、無線LAN中継機を介してネットワーク接続できるかどうかを確認したが、やはりつながらなかった。

 このとき、無線LAN中継機にケーブルがつながっていることを発見した。管理者はこれが原因だと思い、ケーブルを取り外すとトラブルは収まった。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。