IDC Japanは2021年7月、国内CRM(Customer Relationship Management)アプリケーション市場(売上額ベース)規模について、2020年が1871億7300万円となり、2025年は2448億8200万円になるという予測を公開した(図1)。2020年~2025年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は、5.5%で推移する。

図1●国内CRMアプリケーション市場予測
図1●国内CRMアプリケーション市場予測
[画像のクリックで拡大表示]

 IDCは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響が具体的に見えていなかった2020年5月時点で、2020年の同市場が1786億4100万円になると予測していた。しかし1年を経て、前年の値を大きく上回ったことが見えてきた。

 COVID-19の感染拡大は、社会に「デジタルシフト」と「コンタクトレス」という変化をもたらした。外出時間の短縮やステイホームなど社会的な要請を受け、従業員が在宅勤務に移行したことで、顧客との接点はデジタルチャネルに急速にシフト。多くの組織と人が、「非接触」「非集合」といったコンタクトレスを求めるようになったのだ。

 COVID-19の影響で景気は悪化したが、この2つの変化に多くの企業が対応したことで、CRMアプリケーション市場に追い風が吹いたといえる。

マーケティングとセールスの市場が伸びた2020年

 IDCは国内CRMアプリケーション市場を、(1)広告アプリケーション市場、(2)コンタクトセンターアプリケーション市場、(3)カスタマーサービスアプリケーション市場、(4)デジタルコマースアプリケーション市場、(5)マーケティングキャンペーン管理アプリケーション(以下、マーケティングアプリケーション)市場、(6)セールス生産性/管理アプリケーション(以下、セールスアプリケーション)市場という6つの機能市場に分類している。

 2020年の国内CRMアプリケーション市場を、機能市場ごとに推定した売上額と前年比成長率をに示す。

表●2020年の国内CRMアプリケーション市場
機能市場売上額前年比成長率
(1)広告アプリケーション市場397億7100万円0.3%
(2)コンタクトセンターアプリケーション市場326億 600万円4.8%
(3)カスタマーサービスアプリケーション市場397億8000万円7.3%
(4)デジタルコマースアプリケーション市場145億1900万円9.9%
(5)マーケティングキャンペーン管理アプリケーション市場314億4700万円11.3%
(6)セールス生産性/管理アプリケーション市場290億4900万円10.9%
国内CRMアプリケーション市場全体1871億7300万円6.7%

 機能市場別に今後を予測してみよう。

 2019年時点で最も売上額が大きかった広告アプリケーション市場は、2020年5月に予測していた成長率を下回り、2020年の前年比成長率が0.3%にとどまった。広告市場でデジタルの比率は相対的に増したものの、景気悪化で広告市場全体が縮んだことが影響した。2025年までの年間平均成長率は4.0%であると予測したが、この値は6つの機能市場の中で最も低い。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。