2020年に世界を巻き込んだ新型コロナウイルスの感染拡大は今も収束せず、国内企業のさまざまな活動に影響を与えている。本稿では日本国内の企業向けモバイル/クラウドセキュリティ市場について、最近の動向と今後の予測を整理する。

(出所:123RF)

 IDC Japanは2020年8月、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を踏まえた、2020年~2024年の企業向け国内モバイルセキュリティソフトウエア製品市場(以下、「国内モバイルセキュリティ市場」)とパブリッククラウド環境に対するセキュリティソフトウエア製品市場(以下、「国内クラウドセキュリティ市場」)の規模を売上額ベースで予測した。2019年に約229億円だった市場規模は、2024年に約409億円へと拡大する。

図1●国内モバイル/クラウドセキュリティ市場規模予測
出典:『国内モバイル/クラウドセキュリティ市場予測、2020年~2024年(2020年8月発行)』を基に作成
[画像のクリックで拡大表示]

 予測では、年を追って成長率は鈍化するものの、リモートワークの拡大で需要は伸び、2024年の市場規模は2019年の1.8倍になる。今回のコロナ禍は国内経済には投資の阻害要因として働くが、リモートワークとデジタル化という大きな流れの中でクラウドの需要は拡大する。クラウドの需要が伸びれば、当然ながらクラウドのセキュリティに関してもニーズが高まる。

VPN経由からダイレクト接続へ緩やかに移行

 国内クラウドセキュリティ市場の2019年~2024年の年間平均成長率は14.6%で、売上額ベースの市場規模は2019年の137億円から、2024年には272億円に拡大すると予測する。拡大傾向に変わりはないものの、2019年時点では2023年に273億円になるとしていた予測に比べると市場規模は少しだけ小さくなる。

 これは2020年のコロナ禍の影響で、企業の投資が抑えられることを加味したためだ。これに伴い、セキュリティへの投資も縮小せざるを得ない。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。