セグメントとパケットとフレーム
やりとりするデータの最小単位

 コンピューターネットワークでは、データを「セグメント」「パケット」「フレーム」といった単位に分割してやりとりする。それぞれ異なる通信プロトコルで定義された単位である。セグメントはTCP、パケットはIP、フレームはイーサネットで使う。

 一般的なLANはイーサネットでつながっている。そうしたLANの境界を越えてつながるようにするのがIPの役割だ。TCPはエラー制御や通信相手のアプリケーションの指定などを担当する。

[画像のクリックで拡大表示]

 アプリケーションがデータを送ろうとすると、データは分割されてTCPセグメントが作られる。そこからIPパケットが組み立てられ、IPパケットからイーサネットフレームが形成される。これがネットワークに送り出されて通信相手に届くと、逆の順番でデータが取り出される。

 セグメントとパケット、フレームには、それぞれヘッダーと呼ばれる制御情報が付加される。

 TCPのヘッダーには、宛先と送信元の「ポート番号」が記述される。ポート番号はアプリケーションを識別する番号だ。

 IPパケットのデータ部分にTCPセグメントが格納される。IPパケットのヘッダーには宛先と送信元のIPアドレスが入る。IPアドレスはネットワークにつながった機器の場所を示す。

 IPパケットを運ぶのがイーサネットフレームだ。フレームのヘッダーには、宛先と送信元を示すMACアドレスが記されている。MACアドレスは機器固有で、製品出荷時点で決められている。LAN外の機器にデータを送る場合は、中継役を担うルーターのMACアドレスが指定される。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。