SAPの「Cash Application」の画面例。機械学習によって消し込み処を実行している。赤い枠内が実行処理内容のログで、処理後に確認することが可能
(画像提供:SAPジャパン)

記事へ戻る