新型コロナウイルス感染症対策としてテレワークが普及し、大きく変わった点の1つは、オンラインで開かれる会議や打ち合わせの増加だろう。こうしたコミュニケーションでよく使われるツールの1つが「Teams」だ。急きょ使うことになったときに慌てないよう、基本を押さえておこう。

 Teamsは、米マイクロソフト(Microsoft)によるオンラインコラボレーションツールだ。「Microsoft 365」の主要な企業向けプランであるMicrosoft 365 Business Basic(旧Office 365 Business Essentials)、Microsoft 365 Business Standard(旧Office 365 Business Premium)、Microsoft 365 Business Premium(旧Microsoft 365 Business)に含まれている。ただしこれらに加入していないユーザーも、無料でアカウントを作成して利用できるようになっている。

 TeamsはPC用とスマホ/タブレット用のアプリが提供されており、これをインストールして利用する。サポート対象となっている一部のWebブラウザーからの利用も可能だ。利用時にはMicrosoftアカウントか、メールアドレスとパスワードの登録が必要となる。

 Teamsは互いの映像を映し出して会議や通話ができるが、音声だけの会議や通話も可能だ。さらにテキストチャットによるやりとりもできる。これらは使い分けてもよい。

 例えばビデオ会議に招集されて参加する前に、参加画面の下に表示されているカメラのスイッチをオフにすれば、ほかの参加者の映像は表示されるが自分は音声だけの参加になる。映像のオン/オフは会議中にも設定できる。中央に表示される操作バーのカメラアイコンをクリックすると、オン/オフが切り替わる。

 映像も音声も利用できない状況であれば、テキストチャットで会議に参加することも可能だ。会議中に中央の操作バーから「会話の表示」アイコンを選ぶと、画面右側にテキストチャットが表示される。そこへ文字を入力すれば会議の参加者全員に通達される。相手の話を遮りたくないときに意見を示す場合にも活用したい。

会議参加前にカメラのスイッチをオフにすると、音声チャットのみ利用できる
[画像のクリックで拡大表示]
「会話の表示」を選ぶとテキストチャットも利用できる。映像や音声によるチャットができないときに便利
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。