この特集シリーズで以前にも述べたように、DX(Digital Transformation)を進めようとする多くの企業にとって壁となるのがレガシーシステムだ。レガシーシステムが残っているためにデータを活用しきれない、システムの維持管理費が高額化する、保守運用の担い手が不在になるといった課題がDXの展開を阻む。

 今回はDXを目指す企業がしばしば遭遇するレガシーシステムの課題について整理していこう。課題を一通り把握しておくと、レガシーシステム刷新にどう取り組むべきかの対策も分かりやすくなる。

 レガシーシステムというと、一般に「メインフレームを使っていたらレガシー」「プログラミング言語としてCOBOLを使っていたらレガシー」といったイメージを抱く人もいるかもしれない。だが実際にはメインフレームやCOBOLに限らず、10~ 20年前に作られたオンプレミス環境のサーバー上で稼働するWebシステムなどでも維持管理が難しく、負の資産になっているケースはよくある。場当たり的な機能拡張を繰り返したため複雑化したシステムや、担当者が代わってブラックボックス化しているシステムも珍しくない。

 こうしたシステムはレガシーの中でも比較的新しいオープン系の技術を使っているため、「オープンレガシー」と呼ばれる。DXを進めるためには、メインフレームやCOBOLだけでなくオープンレガシーなシステムも対象に対策を考える必要があるのだ。以上を踏まえ、この記事ではレガシーシステムを以下のような特徴を持つシステムと定義する。

①技術面の老朽化
古い要素技術やパッケージでシステムが構成されており、ハードウエアなどが故障すると代替がきかない状況。または、古い要素技術に対応できる技術者の確保が難しい状況。

②システムの肥大化・複雑化
システムが複雑で機能の追加・変更が困難となり、現行業務の遂行や改善に支障がある状況。システムの変更が難しいため外部に補完機能が増える、あるいは人が運用をカバーしなくてはいけない状況。

③ブラックボックス化
ドキュメントなどが整備されておらず、属人的な運用・保守状態にあり、障害が発生しても原因がすぐに分からない状況。または、再構築のために現行システムの仕様が再現できない状況。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。