事務作業を自動化して、作業時間を80%短縮できる――。「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」は、デジタルトランスフォーメーション(DX)の最注目キーワードになっている。業務を自動化する技術としては「AI(人工知能)」を思い浮かべる人も多いだろう。RPAはAIとは何が違うのだろうか。

初回公開:2021/3/24
最終更新:2021/3/24

 RPAは「ロボティック・プロセス・オートメーション」の略語だ。直訳すると「ロボットによる業務(プロセス)の自動化」という意味になる。ただし、工場などで活躍しているような機械のロボットではない。コンピューター内で動作するソフトウエアのロボットを使う。

RPAとは:自動化できる業務やツール、事例、AIとの違いを解説

 事務作業を自動化して、作業時間を80%短縮できる――。「RPA」は、AIやIoTと並ぶ企業ITの最注目キーワードになっている。RPAとは何か、自動化できること、ビジネスメリット、類似技術との違い、代表的なツール6種類、製品やサービスの価格相場、代表的な事例などを紹介する。

RPAとは:自動化できる業務やツール、事例、AIとの違いを解説を読む

 ロボットがユーザーに代わってマウスやキーボードを操作させると考えるとイメージしやすい。人手で実施してきたコンピューター上の操作をロボットに代行させ、業務を効率化できる。

 業務の自動化というキーワードでは「AI(人工知能)」を思い浮かべる人も多いだろう。RPAとAIの関係はやや複雑だが、基本的には別物と考えたほうが理解しやすい。

(出所:PIXTA)

定型作業を間違わずに自動化するRPA

 RPAは、ロボットにあらかじめ操作手順を教えておくツールだ。RPAロボットは手順に従ってアプリケーションソフトや業務システムを操作したり、ファイルのコピーや移動をしたり、メールを送信したりして業務を自動化する。

 こうした手順はプログラムのように具体的にきっちりと決まっている。「○○という名前のExcelファイルを開き、×行目☆列にある数値をコピーする。続いて、△△システムにログインし、□□ボタンを押して……」といった具合だ。RPAロボットが勝手に手順を変更したり、新しい手順を追加したりすることはない。

 実際、RPAツールでロボットを作成する際、作業手順はプログラムの設計とよく似た「フローチャート」の様式で編集する製品・サービスが多い。

RPAツール「Blue Prism」のロボット作成画面のイメージ
(出所:Blue Prism)
[画像のクリックで拡大表示]

 こうした特徴を持ったツールであるため、決められた作業手順を間違わずに繰り返すのは得意だ。一方で複雑な判断を伴う作業は苦手だ。業務では

  • 営業経費データを入力する
  • 業績指標を抽出して集計する
  • プロジェクトの進捗を管理する
  • 協力企業に送るデータを仕分ける
  • 請求データと経費管理データを照合する

といった定型業務の自動化がRPAの活用シーンとなる。マニュアルに基づいて実施していた業務の自動化に向く、と考えると分かりやすい。

人間の「勘と経験」を自動化するAI

 一方、AIは大量に学習したデータに基づいて人間のように判断する。例えば、手書き文字を認識する技術はAIで進化し、現在では高精度に手書き文字をテキストに変換できる。

 手書き文字は人によって筆跡が異なるが、AIは「このパターンに当てはまる形であれば、『あ』の文字の特徴と近い」と推測している。人間はやや崩れた手書き文字でも、勘や経験で文字を認識できる。これと同様の推論を、コンピュータを使って自動でできるようにしたのがAIだ。

(出所:123RF)

 AIは手書き文字認識だけでなく、音声認識や画像認識、自然言語処理、データの分類など様々な応用例がある。業務では

  • 手書き文字が何と書いているか推測する
  • 機械の振動や音から故障時期を予測する
  • カメラで撮影した人の年齢、性別を推測する
  • 採用エントリーシートの合否を判定する
  • 季節や立地、商品などに基づいて需要を予測する

といった使い方が多い。社員の勘や経験に頼っていた業務を自動化するイメージだ。複雑な判断ができる一方、一定程度の間違いが生じる。

AIとRPAの連携で自動化できる業務がどんどん増える

 AIとRPAを組み合わせる事例も増えてきている。AIによる文字認識「AI-OCR」と組み合わせたり、非構造化データから情報を抜き出す技術と組み合わせたりする。これにより、RPA単体では自動化できなかった業務まで自動化できるようになりつつある。

 例えば、AI-OCRを使うと、手書き書類の処理まで自動化できる。例えば、顧客が住宅ローンを申し込んだ際の審査業務に、AI-OCRとRPAを組み合わせる事例が登場している。従来は申込書を受け取ったあと、不備がないかベテラン担当者が目視でチェックしていた。AI-OCRとRPAを組み合わせると、申込書をスキャンしたあとの業務の大部分を自動化できる。

RPA+AI-OCRの事例:アルヒ

 OCRが読み取ったデータを確認する作業に工夫を凝らしているのが住宅ローンを手掛けるアルヒだ。ポイントは文書の種類を判別するAI(人工知能)とOCRを組み合わせた新技術「AI OCR」を採用したところにある。

 同社は2019年1月、顧客が住宅ローンを正式に申し込んだ際の「本審査業務」にAI OCRとRPAを導入した。住宅ローンの審査には、申し込みを検討中の顧客の返済能力などをその場で確かめる「事前審査業務」と、正式な申し込みに際しての本審査業務の2つがある。まず前者の事前審査業務について2017年1月にOCRとRPAを導入。それまで事前審査の結果を出すのに1時間かかっていたところを、10分に短縮できたという。

RPAと相性バッチリ、導入効果をぐっと引き上げるあの技術」から引用


 非構造化データから情報を抜き出すAI技術と組み合わせるのも有用だ。一例が取引先から受け取る請求書の処理。フォーマットが多種多様な場合、そこに書かれている数字や文字が何を示すのかOCRだけでは分からない。AIで金額や日次、支払先などを自動認識すれば、構造化された「請求データベース」への登録データに変換できる。これをRPAと組み合わせると、請求書の受け取りから支払いまでの業務を自動化できる。

 画像認識と組み合わせれば、製造業の検品を自動化できる。例えば、RPAで抜き取り検査のように画像を取得し、日付やラインの名称といった情報を付加してデータベースに登録していく。AIを使った画像認識技術でこれを検査すると、人手を使わずに抜き取りの不良品判定ができる。

 定型作業の自動化を得意とするRPAと、勘と経験の自動化を得意とするAIは互いに得意・不得意を補い合う関係だ。連携が進むとともに、業務の自動化はさらに進展していく。

注目のRPAツールと関連サービス

 RPAを実際に導入して現場で活用するには、様々な手助けを活用したほうがスムーズに進む。RPAへの注目度は今も高まり続けており、ツールや関連サービスは豊富にある。

 以下では、注目のツールと関連サービスを紹介する。ITリテラシーに自信がない現場でもRPAロボットを作成できるツール、業種に特化したサービス、AIと組み合わせた高度な自動化を実現するツールなど多種多様だ。

オートメーション・エニウェア・ジャパン

 企業向けのRPAツール「Automation Anywhere Enterprise A2019」を提供している。AIで自動化を自動化する「Discovery Bot」や、AIで非構造化データを見つけ出す「IQ Bot」といった製品も用意している。

RPAがもたらす新しい働き方とデジタルトランスフォーメーション

 新型コロナウイルス感染症の影響で、今後、大きく働き方や生活が変わっていくことが予想される。そうした中で、RPAはどのような貢献ができるのだろうか。RPAをスムーズに全社展開するコツと、それによるメリットを解説する。

詳細はこちら

122人の実務担当者に聞いた、RPAを全社で戦略的に使うためにすべきこと

 アジア太平洋地域の企業がRPAをどの程度導入し、どのようなツールを選択し、どのような課題に直面しているのか、さらには、自動化プロセスをいかにして人間の処理プロセスと統合させているか、について調査した結果を、事例研究と併せて紹介する。

詳細はこちら

RPAの全社展開に取り組む企業が直面する4つの課題とその解決策

 企業を支える新たな労働力を生み出す業務インフラとして、RPAの全社的な活用に取り組む企業が検討すべき4つの要件について図解する。併せて、大規模展開しやすいよう、柔軟性と拡張性を高めたRPAプラットフォーム製品を2社の導入事例と共に紹介する。

詳細はこちら

RPAを効果的に展開・活用するには、すべてのユーザーの要求を満たすことが重要

 RPAを導入しても、多くの業務の自動化を行って業務効率を改善できなければ、投資コストに見合った効果は得られず、デジタルトランスフォーメーションの実現も遠のくことになる。これまでRPAを導入して使いこなせていない企業には、どのような課題があり、それを解決する方法はどのようなものなのだろうか。

詳細はこちら

Blue Prism

 大規模環境に向いたRPAツール「Blue Prism」を中核に業務自動化の関連製品を提供している。OCRソフトやERPパッケージと連携しやすくするソフト部品などを提供するオンラインマーケットプレイスも用意。

人手不足の課題を解決、AIとデジタルワーカーで変革する製造業の未来

 製造業を題材に、経営管理、マーケティング、財務や人事総務から研究開発、製造の現場まで、あらゆる部門で活躍するデジタルワーカーの事例を紹介する。加えて、3つの具体的な事例を挙げて、その活用術と導入効果を解説する。

詳細はこちら

FCEプロセス&テクノロジー

 RPAツール「RPA Robo-Pat DX(RPAロボパットDX)」を開発・提供している。手書き文字も認識できるAI搭載OCR(光学文字認識)の「Pat-OCR」も提供。

「使われないRPA」を回避するために押さえておきたい5つの基本

 RPAに適した業務や導入効果を紹介したうえで、「現場部門主導のRPA」選びで押さえるべき5つのポイントを解説する。ExcelやWord、Webブラウザといった基本的なソフトウエアしか使ったことがない現場担当者でも、簡単に使いこなせるようなRPAを選ぶことが成功のカギとなる。

詳細はこちら

事務職が自ら業務を自動化、エンジニア不要の純国産RPA

 ITやシステムに詳しくない業務部門や事務職の担当者が自身でRPAロボットを作成できる、現場主体の業務自動化ソフトを紹介する。マウスとキーボードを使って自分の業務を直感的に置き換えられるので、人が人に業務を引き継ぐ感覚で、ソフトウエアロボットに業務を引き継ぐことが可能という。

詳細はこちら

NTTデータ先端技術

 システム運用管理ツール「Hinemos」を提供している。これを利用した、NTTアドバンステクノロジのRPAツール「WinActor」の統合管理機能を提供している。

気になるRPAの運用コストも削減、統合運用管理ツールの賢い使い方

 RPAと業務システムの運用管理における課題の解決策として、統合運用管理ツールの活用を提案する。ジョブ機能でフローの可視化、RPAソフトの動作ログ収集と異常検知、端末の構成情報把握などが可能になり、運用管理を大幅に効率化できるという。

詳細はこちら

NTTテクノクロス

 RPA統制ソリューション「ACTCenter Secure Automation」を提供している。ロボットが用いるユーザーIDとパスワードを適切に管理する。

RPA全社展開に潜むセキュリティの課題:ガバナンスを簡単に強化するには?

 日本企業のビジネス生産性向上に向けて、RPAは、人と共存し、業務を支えるものとして欠かせなくなっている。ただ一方で、RPAによる自動化の適用範囲を拡大する局面で、セキュリティの確保など運用がないがしろにされる課題に直面している。

詳細はこちら

ProVision

 NTTアドバンステクノロジの「WinActor」、RPAテクノロジーズの「BizRobo!」、米UiPathのRPAツールの導入支援サービスを提供している。

RPA導入企業をツール検討から運用までずっと支援する併走型サービス

 本資料では、国内で普及している3つのRPA製品について、検討から導入、開発、運用までを一貫して支援するソリューションを紹介する。要員管理、営業報告、メルマガ配信、受講管理など8業務の成功事例も収録している。

詳細はこちら

UiPath

 ロボットで自動化するワークフローを作成する「UiPath Studio」、ワークフローを実行する「UiPath Robots」、ロボットを管理する「UiPath Orchestrator」を中核に、様々なRPA関連ツールを提供している。

集計やデータ入力を自動化したいが人手がない!? 簡単に短縮する方法とは

 数時間の学習で簡単に始められる新しいRPAツールを紹介する。ツールの特長を生かすと、業務部門主導でもRPAを導入できる。現場業務の効率化が進めば、人手不足や時間不足で後回しになっていた業務に着手できるようになる。

詳細はこちら

IT担当1000人の声で明らかに、システムがつながらない悩みはRPAで解決

 IT担当者へのアンケートをもとに、企業の経営課題とITシステムの実情を分析。課題の解決策としてRPAを提案する。システム間をシームレスに連携でき、SaaSやAI、OCR、チャットボットなどと社内システムを連携させた高度な業務自動化も可能になる。

詳細はこちら

クレオ

 RPAテクノロジーズの「BizRobo!」を従量課金で利用できる「CREO-RPA」を提供している。このほか、RPAと親和性の高いAI-OCR「CREO-OCR」を提供。

RPAにつきまとう「4つの誤解」

 RPA導入に対する「4つの誤解」を示した上で、その誤解を解くためのアプローチを提案。「まずはスモールスタートで効果が見えやすい帳票業務に導入すべき」とアドバイスする。導入やオンサイトトレーニングにかかる具体的なコストも掲載されている。

詳細はこちら

クレスコ

 米UiPathのRPAツールのライセンス販売、導入コンサルティング、教育・トレーニング、ロボット受託開発といったサービスを提供している。

RPAの社内展開が期待外れになる理由、導入後に訪れる3つの課題と解決策

 RPA導入後に「RPAを導入したのに、いま一つ広がらない」と悩む企業は多い。これを解決するには、部門の壁を越えてアイデアを出し合い、現場がロボット開発に参加できる仕組みが必要になる。本資料では、そうした仕組みを作る具体的な方法を提案する。

詳細はこちら

三和コムテック

 RPAツール「AutoMate」を提供している。AutoMateの開発元は米HelpSystemsで、デスクトップ版から大規模サーバー版までラインアップしている。

低コスト、マウス操作で開発、豊富なトリガーで自動化、誰でも使えるRPA

 業務を自動化できるRPAを導入する企業が増えている。しかし、「操作が難しく使いこなせない」「毎年のライセンス料が高い」といった声が多いのも事実だ。こうした課題を克服した新しいRPAを事例とともに解説する。

詳細はこちら

日立ソリューションズ

 米Automation AnywhereのRPAツールの導入支援を手掛けている。iPaaSやJP1などとの連携ソリューションやRPA運用支援クラウドサービスも提供。

自社に合ったRPAで成果を出すための2つのアプローチ(前編)

 多数の担当者を確保できなくても、自社に適したRPA製品を導入し、管理/運用プロセスを最適化すれば効率よく全社展開できることを示す。あるIT企業が250ロボットで年間30万作業時間を削減した取り組みについて、画面や表などを織り交ぜて紹介する。

詳細はこちら

自社に合ったRPAで成果を出すための2つのアプローチ(後編)

 RPA導入後に見えてくる課題を挙げたうえで、ツールを活用してRPAの管理と運用を効率化するソリューションを紹介する。プログラミングすることなく業務全体をフローとして定義したり、業務カレンダーに基づきロボットを自動実行させたりできる。

詳細はこちら

ユーザックシステム

 RPAツール「Auto名人シリーズ」を開発・提供している。ブラウザー操作の自動化やメール操作の自動化、パソコンの操作の自動化など目的に応じた製品をラインアップ。

「夢のツールではない」、RPA導入の成功企業に学ぶ4つの工夫

 「何をRPA化するのか」「誰が開発するのか」「エラー時の対応は」など10の課題を挙げたうえで、IT部門が考えるべき段取りや支援体制、ツール活用の実際と運用上の注意点などについて、食肉専門卸フードリンクでの取り組みを例に動画で解説する。

詳細はこちら

RPA導入後に遭遇する想定外の課題を克服する勘所とは?

 この数年の間に日本企業に広く普及したRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)ツール。ただし、野良ロボットが蔓延するなど想定外の課題に遭遇する企業も少なくない。こうした課題を防ぐ勘所とは何か。

詳細はこちら

関連記事

マイクロソフトも参戦、無料で使えるRPAツールはこれだ!

 RPAツールの価格は安くても月額数万円、買い切り型で数十万円と気軽に試すには高額だ。中小企業だと尻込みしてしまうかもしれない。そんな企業や組織でも使いやすい無料RPAツールを紹介しよう。

無料で使えるRPAツールの詳細はこちら