システムに求められる機能が増え、開発に主に利用するプログラミング言語にも変化が生じている。新たな言語を習得しなければならないITエンジニアもいるだろう。では、ITエンジニアは自分のプログラミングスキルについて、どのように考えているのだろうか。日経クロステックで実施したアンケートの結果を見ていこう。

ベテランでも能力不足を実感

 「あなたは業務を進める上で、プログラミング能力が不足していると感じるか」という問いに対する回答を見ると、「感じる」(31.4%)と回答したエンジニアが最も多い。続くのは「やや感じる」(28.8%)だった。合計すると、ITエンジニアの60.2%の人が自分のプログラミング能力に不足を感じている結果となった。

プログラミング能力不足を感じる割合
[画像のクリックで拡大表示]

 プログラミング能力不足と回答したエンジニアの割合は、過去2回の調査に比べて減少しているものの依然6割を超えるエンジニアが自分のプログラミング能力に不足を感じている。

 アンケートに回答したITエンジニアは4割以上がプログラミング歴20年以上のベテランだ。プログラミング歴と能力不足と感じる割合を分析すると、プログラミング歴が長くなるほど能力不足を感じる割合が小さくなることが分かった。プログラミング歴が「1年未満」と回答したITエンジニアでは、能力不足を「感じる」「やや感じる」と答えた人のみだった。

プログラミング歴とプログラミング能力不足を感じる割合
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。