ネットワーク機器を管理する方法として注目を浴びているのが、スマートフォンで動作するモバイルアプリだ。モバイル回線によりインターネット経由でどこからでもネットワーク機器を管理できる。またネットワークに関する知識がほとんどない兼任のIT管理者や「1人情シス」にも使えるように、様々な工夫が施されている。基本的な使い方から便利な機能まで、ネット機器管理用のモバイルアプリを紹介する。

 ネットワーク機器を管理する手段として、これまで「CLI」と「GUI」の2つが使われてきた。

 CLIはテキストベースのコマンドラインを使ってネットワーク機器を管理する方法。ネットワークに関する高度な知識や、ベンダーごとの知識が要求されるが、きめ細かい設定や一括設定が可能で、大規模ネットワークに向く。

 GUIは、Webブラウザーに表示された管理画面を利用する方法だ。各種の設定を視覚的に把握できるため、直感的に管理しやすい。

 これらに加えて、3番目の手段として注目を浴びているのが、スマートフォンで動作するモバイルアプリを使った方法だ。

インターネット経由でどこからでもネットワーク機器を管理できる
画面はヒューレット・パッカード・エンタープライズ (HPE)提供
[画像のクリックで拡大表示]

 モバイル回線を使い、インターネット経由でどこからでも管理できる。またGUIと同様に、視覚的かつ直感的に設定できるのも特徴だ。ネットワークに関する知識がほとんどない兼任のIT管理者にも使えるように、様々な工夫が施されている。

 いくつかのネットワーク機器ベンダーは、自社製品を管理するためのモバイルアプリを提供している。AndroidやiOS/iPadOS向けに、それぞれGoogle PlayやApp Storeからダウンロードできる。

 今回は米シスコシステムズ、米ネットギア、米ヒューレット・パッカード・エンタープライズの製品を例に取り上げる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。