ネットワーク機器を管理する方法として注目を浴びているのが、スマートフォンで動作するモバイルアプリだ。モバイル回線によりインターネット経由でどこからでもネットワーク機器を管理できる。またネットワークに関する知識がほとんどない兼任のIT管理者や「1人情シス」にも使えるように、様々な工夫が施されている。基本的な使い方から便利な機能まで、ネット機器管理用のモバイルアプリを紹介する。

 モバイルアプリを使ったネットワーク機器の管理には、CLIやGUIといった従来方式にはない様々なメリットがある。

管理アプリのメリットとデメリット
(作製:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 メリットの1つは、スマートフォンの画面を通じて視覚的に操作できるため、直感的で分かりやすいことだ。さらにネットワーク関連の知識に乏しい担当者、あるいは全く知識を持たない人でも使えるように、様々な工夫が施されている。例えば、米シスコシステムズのMeraki Goの場合、ネットワークの知識を持たない人でも5分で初期設定が完了するという。

 モバイルアプリを立ち上げたときの表示画面にも工夫がある。米ヒューレット・パッカード・エンタープライズ(HPE)のAruba Instant Onでは、最初の画面を4つのペインに区切り、それぞれネットワークの数、接続されているクライアントの台数、24時間内に転送されたトラフィック量、APの台数を一覧表示する。これは中小企業の管理者がよくチェックする項目を考慮した結果だという。

 このほか、今回取り上げるのはいずれも海外ベンダーの製品だが、各社とも言語のローカライズには細心の注意を払い、不自然な日本語表現にならないように心掛けたという。さらにネットワーク関連の知識を全く持たない人でもとまどわないように、Meraki Goでは「SSID」や「PSK」といったネットワーク用語の使用を避けているという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。