ネットワーク機器を管理する方法として注目を浴びているのが、スマートフォンで動作するモバイルアプリだ。モバイル回線によりインターネット経由でどこからでもネットワーク機器を管理できる。またネットワークに関する知識がほとんどない兼任のIT管理者や「1人情シス」にも使えるように、様々な工夫が施されている。基本的な使い方から便利な機能まで、ネット機器管理用のモバイルアプリを紹介する。

 モバイルアプリで管理できるネットワーク機器は、簡単に初期設定できるよう工夫されている。例えば、米シスコシステムズのMeraki Goでは図解入りのウィザードが起動し、それに従って進めると簡単に初期設定が完了する。

管理アプリの設定画面例
(画像:シスコシステムズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 初期設定の大まかな流れはどのベンダーでも似ているが、ここでは米ヒューレット・パッカード・エンタープライズ(HPE)のAruba Instant Onを例に見てみよう。

 まずAPをLANケーブルでルーターに接続し、さらにACアダプターをコンセントにつなぐ。PoEスイッチがあるなら、そこにLANケーブルをつなぐ。これでAPが起動する。

 また、モバイルアプリ(Aruba Instant Onアプリ)をGoogle PlayまたはApp Storeからダウンロードしておく。APの起動後、アプリを起動して「アカウントの作成」ボタンをタップし、メールアドレスとパスワードを設定。確認のメールが届くので、確認ボタンを押すと登録が完了する。

 そこからはアプリのガイドに従って、ネットワーク名とネットワークパスワードを設定するなど、作業を進めていく。

 そのうち「新しいデバイスの検出」という画面が表示される。ここでは、ほかにAruba Instant Onの管理対象となるネットワーク機器があれば、自動的に検出して登録する。

 Aruba Instant Onは、ほかの機器の検出にBLEを使う。ほとんどの場合は問題なく検出できるが、うまく検出できなかった場合は製品に付いているバーコードをスマートフォンのカメラでスキャンしたり、シリアルコードを入力したりして登録する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。