テレワークに役立つツールやサービスは何か――。日経BP 総合研究所 イノベーションICTラボが40種類を対象に調査したところ、業務用クラウドの首位は「勤怠管理」だった。

 調査は日経BP 総合研究所 イノベーションICTラボが2021年4月に実施した。「テレワークを円滑に進めるために役立つと思うITツールやサービスを選んでください」と複数回答で尋ねた。

 選択肢は40種類を用意し、5分野に分けて集計した。5分野とは「端末・通信関連」「対話・情報共有ツール/クラウド」「業務用・ペーパーレス支援ツール/クラウド」「情報保護関連」「周辺機器・その他」である。

 40種類のベスト3は「ノートパソコン」(88.0%)、「Web会議(Zoomなど)」(81.5%)、「ビジネス向けチャット(Teamsなど)」(72.5%)だった。いずれもテレワークに欠かせないツールであり、順当な結果と言える。

「テレワークに役立つツールやサービス」ベスト10
ツールやサービス回答率
ノートパソコン88.0%
Web会議(Zoomなど)81.5%
ビジネス向けチャット(Teamsなど)72.5%
椅子71.0%
光回線68.0%
作業机67.5%
電子メール66.0%
Wi-Fi環境66.0%
外付けモニター62.0%
勤怠管理58.5%
予定表/情報共有/グループウエア58.5%
出所:日経BP 総合研究所 イノベーションICTラボ
4月に実施した「働き方改革に関する動向・意識調査」(有効回答は200件)で「テレワークを円滑に進めるために役立つと思うITツールやサービスを選んでください」と複数回答で質問した結果

 番狂わせを指摘するとしたら、3位の「ビジネス向けチャット(Teamsなど)」が「電子メール」(66.0%、8位)を6.5ポイント上回ったことだろう。テレワークの浸透によって、情報共有や対話に使うITツールの定番が入れ替わった。

 4~10位は「椅子」(71.0%)、「光回線」(68.0%)、「作業机」(67.5%)、「電子メール」と「Wi-Fi環境」(いずれも66.0%)、「外付けモニター」(62.0%)、「勤怠管理」と「予定表/情報共有/グループウエア」(いずれも58.5%)だった。

 「勤怠管理」は業務クラウド関連で唯一トップ10に入った。テレワークにあたっては、自宅で仕事をする際の終業時刻を正確に記録・管理する必要が生じる。働き方のニューノーマル(新常態)において、勤怠管理のクラウドが最も必要とされている実態がわかった。

業務クラウド「3種の神器」とは

 5分野別の結果も見てみる。「端末・通信関連」分野の首位は「ノートパソコン」(88.0%)だった。ノートパソコンがないとテレワークはほぼ不可能。順当な結果となった。2位は「光回線」(68.0%)、3位は「Wi-Fi環境」(66.0%)だ。携帯電話などの無線網よりも光回線などの有線網が支持を集めた。

「テレワークに役立つツールやサービス」40種類の詳細
【端末・通信関連】回答率
ノートパソコン88.0%
光回線68.0%
Wi-Fi環境66.0%
携帯電話/スマートフォン回線42.5%
スマートフォン37.5%
タブレット33.0%
デスクトップパソコン23.0%
ケーブルテレビ回線11.5%
ADSL回線1.5%
出所:日経BP 総合研究所 イノベーションICTラボ

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。